上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
★オススメ記事カテゴリ★
◆TVオンエア!! 2010年1月13日(水)KSB瀬戸内海放送「KSBスーパーJチャンネル」内の「今日の特集」でハートバードの活動が紹介されました。→ママ込みのTV取材
2009年12月10日「株式会社ハートバード」「非営利団体 心の鳥」を「倉敷市くらしきベンチャーオフィス」にて設立しました。→オフィス開き&会社設立記念パーティ

--年--月--日(--)    [カテゴリ: スポンサー広告]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング
2009年11月30日(月)    [カテゴリ: ママと私の日常]

高齢者が喜んで遊ぶには「子供」がポイント ~ママの言葉から~

11/25のブログで、新しい会社の名称 「ハートバード」 は、
  年を取っても、心豊かに、夢や希望を持った暮らしができますように!
という願いを込めたものだと書いた。

だから、そんな気持ちになれること・モノを探している。

●専門店で玩具選び



先週末、東京に戻っていた間に、トイショップAptyの四谷店と中野店を回り、高齢者介護施設で楽しめそうなものを、いくつか買ってみた。

お店の方に用途を告げ、
 ・いかにも子供じみたもの・安っぽいものは、お年寄りのプライドを傷つけるので、そうでないものを
 ・楽しんででき、リハビリ(身体・頭)にもなるものを
という条件で、玩具をピックアップしていただいた。

介護施設と一口に言っても、利用者・入居者の状態も歳もバラバラで大きな開きがあるのはわかっている。
ただ、私の中では 「まずはママが楽しんでくれそうか?」 というのが、玩具選びの基準になっている。
玩具やそれを包んだ箱を手にとってみて、「ママがこれを使って笑顔になっている様子を想像できるか?」どうか。

店員さんは「アクティビティディレクター」などの資格をお持ちのプロ。
遊び方を教えていただいたりしながら、いろいろな玩具に触れ、楽しく買い物ができた。

●ママ、ちょっとゲームやってみようよ



昨夜、東京から戻ってきた私。今月は2度も東京を行き来したけど、認知症のママを独りにさせておく時間が長いと、ママの心はかなり不安定になってしまう。今回もご多分に漏れず。デイサービスでも同じような状態だったらしい。

そういう時は、「お腹が空いた」「何も食べさせてもらっていない」を繰り返す。
ご飯を炊いている間にも、何度も繰り返すので、小さめのみかんを出して食べてもらったが、5分と持たない。

そこで、東京で買ったおもちゃの一つを使ってみることにした。
今日、使ったのはコレ。買ったものの中では、子供じみている方かもしれない。
          ↓ ↓ ↓
お月さまバランスゲームお月さまバランスゲーム
 
エド・インター

商品詳細を見る


お月さまからブロックがこぼれないように積み上げているママルールはカンタン。
サイコロを振って、出た目と同じ色の丸太状のブロックを、お月さまに積み上げていく。ブロックが崩れたら終わり。

私がサイコロを振り、ママがブロックを積み上げる。
反対に、ママがサイコロを振り、私がブロックを積み上げる。
(数人いれば、1つずつ順番に積み上げてもいい。)

ママは自分が積み上げる時、真剣にやっていたし、
私が積み上げている時は、
  「kiyomiちゃん、そっちはダメよ。崩れちゃうよ。
と言いながら、私の様子を見守っている。

●お年寄りと子供をもっと近づけたい



  「 これ、小さな子がいると、もっとおもしろいね。
    子供は、きっと喜ぶよ。


ママが言った。
ママはわかっているんだ。どうすれば、もっとたくさん楽しめるか、を。

それに子供がいれば、同じ遊びをしても、お年寄りから 「子供じみた」 という言葉は出てこないはず。

子供と一緒に遊ぶ。
一見、すごく単純なことだけど、実現はなかなか難しい。

もちろん、こういう試みを積極的にやっている所もある。例えば、老健(介護老人保険施設)の「しょうわ」。
チャイルド・アシステッド・セラピー」と称して、施設内にある職員さん用の託児所の子供たちと、利用者であるお年寄りとが触れ合う。

託児所を持てるのは、それなりの規模がある施設に限られてしまうけど、もっと他の方法でも、同じようなことはできるはず。
どうやったら、実現可能かを考えてみよう。



ママは、ゲームをやっている間、一度も 「お腹空いた」 を言わなかった。
さあ、そろそろご飯が炊けてきた。

関連記事


クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:認知症の介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

コメント

お久しぶりです。

以前、愛育委員の記事でコメントさせていただいた、たに子です。
最近めっきり寒くなりましたが、体調はいかがですか??

大学の講義で、認知症の人と乳幼児、障害のある人が一緒に時間を過ごせる場が、富山県にあることを知りました。いわゆる「統合ケア」です。もしかしたらご存知かもしれませんが、「このゆびとーまれ」という、確かNPOの運営だったと思います。
子どもの世話をしている中で、認知症の方の笑顔が戻ってきたという、とても興味深いところです。宅老所(託老所)的なところですね。
小さな子と一緒にいると、笑顔が引き出されたり、子ども好きな方なら、育児のような役割を持てるステキな場所です。

ご参考になれば……
http://www.geocities.jp/kono_yubi/

Re: お久しぶりです。

たに子さん、愛育委員に続き、またのコメントありがとうございます。

> 大学の講義で、認知症の人と乳幼児、障害のある人が一緒に時間を過ごせる場が、富山県にあることを知りました。いわゆる「統合ケア」です。もしかしたらご存知かもしれませんが、「このゆびとーまれ」という、確かNPOの運営だったと思います。
> http://www.geocities.jp/kono_yubi/

情報ありがとうございます。ここは初めて知りました。
こういう動きがまだまだ少ないのは、やはり運営・経営面での難しさがあるのでしょう。

実は、岡山にもあるらしいです。「アルツハイマー在宅介護最前線」などの著者の野田さんからメールいただき、「NPO法人元気交流クラブ たけのこの家」を教えていただきました。
http://www.takenokonoie.com/

なかなかこういう取り組みが伝わってこないのは残念です。やはり、介護情報の流通って必要だなあと痛感しました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://worklifebalance825.blog32.fc2.com/tb.php/970-6eca3568
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

kiyomi

Author:kiyomi
認知症の母(要介護4)の介護で、4年半前から東京(自宅)~岡山(実家)を往復するも、心身共に疲れ果て、ついに2010年7月月末、経営していた会社の東京オフィスを閉鎖し、地元に一元化。
この経験から、もっと介護情報を流通できれば、もう少し介護生活を楽にできるのではないかと、2009年12月、倉敷市くらしきベンチャーオフィスにて、株式会社ハートバードを設立。2010/2/5、岡山県の介護・シニア・福祉情報ポータルサイト「介護ん!」運営をスタート。2012年3月、NPO法人介護ん設立。
性格は、良くも悪くも、呑気、楽天家、マイペース。趣味は草花を見て歩くこと。
ブログ開設:2008年7月4日
(開設理由はコチラ)

メールはこちらから

kiyomiのつぶやき(Twitter)

 

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。クリック応援お願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング

検索フォーム

カテゴリ

ママと私の日常 (580)
在宅介護のいきさつ、家族のこと (19)
仕事のこと (71)
東京と岡山 (19)
毎日の食事記録 大公開! (453)
低血糖症、食育、食事バランスガイド、フードマイレージ (15)
ワークライフバランスやテレワーク (24)

最新記事

★すべての記事はコチラから★

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。