上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
★オススメ記事カテゴリ★
◆TVオンエア!! 2010年1月13日(水)KSB瀬戸内海放送「KSBスーパーJチャンネル」内の「今日の特集」でハートバードの活動が紹介されました。→ママ込みのTV取材
2009年12月10日「株式会社ハートバード」「非営利団体 心の鳥」を「倉敷市くらしきベンチャーオフィス」にて設立しました。→オフィス開き&会社設立記念パーティ

--年--月--日(--)    [カテゴリ: スポンサー広告]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング
2009年10月22日(木)    [カテゴリ: ママと私の日常]

高齢者の審美眼と介護アクティビティの関係 ~和紙折り紙とママの笑顔~

私の30年後、つまり、今のママ位の歳になった時、私は変わっているか?

見た目はおばあさんになっているかもしれない。
でも、心の内は、そんなに変わっていないはず。好きなものとか、綺麗と思えるものとか。

●年を取って、子供返りすると言っても



介護の現場では、利用者である高齢者に対し、子供に接するのと同じようにしている人がいる。
何か違うんじゃない? 高齢者は大人であって、決して子供じゃない!!

私自身のトラウマになってしまった、あの事件。
ママはショートステイ先の施設から、精神病院に回され、引き取りに行った、あの日。
  (参照: 2008年7月15日のブログ 「ショートステイ失敗。精神病院へ迎えに行った日
       2008年7月20日のブログ 「あの頃、私は急ぎ過ぎていた」 )

ママは、あの時、大きな屈辱を味わった。
簡単すぎる塗り絵と、「お上手、お上手」 という職員さんの言葉は、ママの逆鱗に触れた
まるで、子供扱いされたママは、徹底的に拒否した。

今のママは、確かに子供返りしている所はある。
認知症で理性の壁が薄くなった分、本心が出やすいから。無邪気とも言える。
でも、決して、子供になったのではなく、今まで生きてきた経験と誇りを持っている。
そう、大人としてのプライドまで、捨てたのではない

●アクティビティの意味、わかってる?



デイサービスでは、体操、ゲーム、塗り絵、折り紙の、いろいろな活動をさせてくれる。
それらを総称して 「アクティビティ」 と言うのだけど、介護で使う「アクティビティ」の意味を調べると

   生活を生き生きしたものにする諸活動  とか
   心身の活性化のための手助け

と、概ね解説されている。

これに当てはめると、前述の塗り絵は、少なくともママにとって、アクティビティではなかった。
アクティビティは、身体の機能訓練も含んでいるのだろうけど、気持ちが明るくなる要素を持っていなくては、ダメだ。

介護施設の職員でも、利用者の「心の持ち方」 のことを忘れ、「とにかく何かする」 という形だけの活動になっていないだろうか?

もちろん、何が気持ちを明るくするものかは、個人によって差があるし、同一人物でも病気などの進行状態によって異なる。だから、最大公約数的に、ある程度、割り切りせざるを得ないのもわかる。

●アクティビティと金銭負担の関係



「アクティビティのために、利用者の金銭負担が増えるのは良くない。」 と考える施設もある。
確かに、「わずかな額でも増えるのはイヤ」 と思う利用者や家族がいるのは事実。

でも、反対に、「多少のお金がかかっても、自分がやりたい・ほしいものを作りたい。」 と思う高齢者もいれば、その高齢者の笑顔が見たいから、同じように考える家族がいるのも事実。

私は後者のタイプ。
1ヶ月に何万も払うような高額商品は買えないけど、数百円や数千円であれば、ママの笑顔を見るためには、決して高くないと思う。それは、お金には換えがたいものだから。

それには、有限の時間軸も含まれるから。
今のママであれば、楽しくできるアクティビティも、認知症の進行と共に、いつかはできなくなるだろうから。だから、「今を楽しく過ごせる何か」 があえば、本当に私もうれしい。

●上質なものに触れると、心豊かになる



ウインドウ・ショッピング。私も好き。
買えなくても、見るだけで楽しくなるし、「今度のお給料日に、これを買いに来よう。」 なんて想像が広がる。夢を見せてくれる。
ウインドウ・ショッピングが楽しいのは、普段の自分の生活より、ちょっと高い所にあるものだったり、目新しいモノだったりして、ワクワクさせてくれるから。

だから、介護施設でのアクティビティでも、そういう要素は必要じゃないかと思う。

で、ちょっと考えてみた。1年ほど前のブログ 「ママ、折り紙やろうよ」 の中で、
  和紙クラフトのきれいさを実感した
と書いた。

左が友人のRさん、中央がママ、右が私。3人とも真剣に折り紙。今こそ、実行に移してみよう。

   左が友人のRさん、中央がママ、右が私。 →
   3人で和紙折り紙を楽しむ。 いえ、格闘する。


上質な和紙を使えば、普通の折り紙と同じように
折っても、出来上がりが違う!
すごく、きれいなものになる。

教えるRさんも、教わるママも、真剣そのもの友人という、第三者が家にいたからか、
私たち2人が楽しそうにやっていたからか、
きれいな和紙のできあがりを見たからか、
理由はよくわからないけど、
ママは1年ぶりに、自発的に折り紙に取り組んだ。
それも、真剣そのもの。

   教えるRさんも、教わるママも、必死(?)。 → →
   集中して取り組むママ。


実は、ママの方が上手かったりして ・・・ 。
ママの方が、私たちよりも、さっさと折り紙を進めている。
  ショックぅぅぅ !
私たちは、苦戦に次ぐ、苦戦。
認知症のママの脳トレ・リハビリ以上に、 私たち自身の脳トレ になりそう。
(ああ、また、1年前と同じことを言っている!!)

●ママの心も、だけど、私たちも豊かになった



そして、いくつかの和紙クラフトが出来上がった。
苦心した分、 できあがると、本当にうれしい。
それに、和紙はきれいで、見応えあるし。
本当に、もうちょっと、私の手が器用に動けば、売り物になりそうな、きれいさ

ママは、今日、とても楽しそうにしていた。
喜々として、折り紙をやっていた。
私たちが、キャアキャア喜ぶ姿を見て、ママは今までにないほどの笑顔になった。



どんなものが出来上がったか、
なぜ、私たちが折り紙をやっているかは、また、今度。

関連記事


クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:認知症の介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://worklifebalance825.blog32.fc2.com/tb.php/945-614f0f46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

kiyomi

Author:kiyomi
認知症の母(要介護4)の介護で、4年半前から東京(自宅)~岡山(実家)を往復するも、心身共に疲れ果て、ついに2010年7月月末、経営していた会社の東京オフィスを閉鎖し、地元に一元化。
この経験から、もっと介護情報を流通できれば、もう少し介護生活を楽にできるのではないかと、2009年12月、倉敷市くらしきベンチャーオフィスにて、株式会社ハートバードを設立。2010/2/5、岡山県の介護・シニア・福祉情報ポータルサイト「介護ん!」運営をスタート。2012年3月、NPO法人介護ん設立。
性格は、良くも悪くも、呑気、楽天家、マイペース。趣味は草花を見て歩くこと。
ブログ開設:2008年7月4日
(開設理由はコチラ)

メールはこちらから

kiyomiのつぶやき(Twitter)

 

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。クリック応援お願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング

検索フォーム

カテゴリ

ママと私の日常 (580)
在宅介護のいきさつ、家族のこと (19)
仕事のこと (71)
東京と岡山 (19)
毎日の食事記録 大公開! (453)
低血糖症、食育、食事バランスガイド、フードマイレージ (15)
ワークライフバランスやテレワーク (24)

最新記事

★すべての記事はコチラから★

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。