上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
★オススメ記事カテゴリ★
◆TVオンエア!! 2010年1月13日(水)KSB瀬戸内海放送「KSBスーパーJチャンネル」内の「今日の特集」でハートバードの活動が紹介されました。→ママ込みのTV取材
2009年12月10日「株式会社ハートバード」「非営利団体 心の鳥」を「倉敷市くらしきベンチャーオフィス」にて設立しました。→オフィス開き&会社設立記念パーティ

--年--月--日(--)    [カテゴリ: スポンサー広告]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング
2009年09月25日(金)    [カテゴリ: ママと私の日常]

認知症の人に「あなたは認知症」と言わないで

その瞬間、驚愕した。いや、唖然とした。
  「あなたの認知症は、アルツハイマー?
   それとも脳血管性?


ママの目の前にいる、お医者さんが発した言葉。
ママの表情も少し曇った。

ママの斜め後ろに立っていた私は、思わず、「シィーっ!」 と言う代わりに、人差し指を唇の前で立て、お医者さんと看護師さんにサインを送った。
そして、お医者さんの問いかけに対して、
  「もう何年も前から、アリセプトを飲んでいます。
と答えた。

お医者さんも、私の様子に気づいたのか、問診の話題をすぐに変えたけど、まさか、こんな言葉が、ツルッと出してくるとは予想だにしていなかったので、私の方が慌てた。

●初めていくお医者さん



昨日(9/24)のブログに書いたように、「腰が痛い、お腹が痛い、右肩が痛い」 を繰り返すママは、やっとお医者さんに診てもらうことを承諾した。
でも、昨日の午後は、あいにく休診。
やっと、今日の午後、近隣のお医者さんに行くことができた。

このお医者さんの診療科目は、「内科・消化器科・外科・整形外科・リハビリテーション科」 となっていたので、ママの痛みの原因を、きっと見つけてくださるだろうと思ったから。

ここに来るのは、初めてだったので、初診の問診票に、私が知る範囲の症状やその時期を記入した。
そして、ママが認知症で、「その瞬間のことはわかるが、数分前の記憶はない。」 ことを書き入れ、受付の方にも、その問診票を見せつつ、
  「診療時には、私が答えます。
と告げた。

・・・が、お医者さんは、問診票を見て、 ママ(私)に冒頭の質問をしてきた。

●お医者さんにもっと配慮を求めたい私って、間違っている?



連休明け、そして昨日は午後休診、ということもあってか、このお医者さんは大繁盛しているように見えた。患者さんたちから信頼される先生だから、これだけ繁盛しているのだろう。

だけど、認知症に対しての理解は、?????? という感じ。

認知症になった方の中には、ご自分から検査に行ったり、認知症という病気と向き合って行こう、という方もいるだろう。
でも、ママは未だに自分が認知症だとは、思っていない
以前のブログ 「認知症は他人事」、 「ママにとっての認知症って? (認知症は他人事 その2)」 でも書いたとおり。

悲しいかな、ママの中では、
  認知症 = 痴呆 = キチガイ
という方程式が成り立っている。

だから、ママは 「何が何だかわからなくなってきた」 と言いつつも、それが認知症だとは思っていないし、思いたくもないだろう。



今日のことを振り返ってみれば、私の中に
  「認知症(の人)への配慮をしてほしい。
という気持ちがあったのは確か。それも、医療機関であるから。

でも、私のこういう気持ちって、一般世間には受け入れがたいことなのかな?

関連記事


クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:認知症の介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは!
医師の認知症への理解不足。
私も感じることがありました。
私の場合は整形外科で母にではなく私に対してでしたが…
世間でこれだけ取り上げられるようになってきたのに先生の心無い一言で、
診察が終わったあとなぜか涙が出たのを思いだしました。
検査の時の技師さんはさりげない心ずかいをしてくださったのに
肝心の先生が…
体を直してもらうのはもちろんですが、心も大事なのでは?
二度とあの先生には看てもらわない!
できれば看板に「認知症に対応」ぐらい書いておいてほしい心境です。

心遣いと権利の狭間で

ナナか~さんにも、そんな経験があったのですね。
きっと、認知症の家族を持つ方々は、似たり寄ったりの経験を、いくつか持っているでしょうね。

ただ、この記事に対して、別の面でコメントを下さった方がいて、ちょっと考えさせられました。それが、このコメントのタイトルなんですが、それがどういうことなのかを、いずれ、ブログで書いてみたいと思ってます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://worklifebalance825.blog32.fc2.com/tb.php/889-9726359f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

kiyomi

Author:kiyomi
認知症の母(要介護4)の介護で、4年半前から東京(自宅)~岡山(実家)を往復するも、心身共に疲れ果て、ついに2010年7月月末、経営していた会社の東京オフィスを閉鎖し、地元に一元化。
この経験から、もっと介護情報を流通できれば、もう少し介護生活を楽にできるのではないかと、2009年12月、倉敷市くらしきベンチャーオフィスにて、株式会社ハートバードを設立。2010/2/5、岡山県の介護・シニア・福祉情報ポータルサイト「介護ん!」運営をスタート。2012年3月、NPO法人介護ん設立。
性格は、良くも悪くも、呑気、楽天家、マイペース。趣味は草花を見て歩くこと。
ブログ開設:2008年7月4日
(開設理由はコチラ)

メールはこちらから

kiyomiのつぶやき(Twitter)

 

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。クリック応援お願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング

検索フォーム

カテゴリ

ママと私の日常 (580)
在宅介護のいきさつ、家族のこと (19)
仕事のこと (71)
東京と岡山 (19)
毎日の食事記録 大公開! (453)
低血糖症、食育、食事バランスガイド、フードマイレージ (15)
ワークライフバランスやテレワーク (24)

最新記事

★すべての記事はコチラから★

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。