上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
★オススメ記事カテゴリ★
◆TVオンエア!! 2010年1月13日(水)KSB瀬戸内海放送「KSBスーパーJチャンネル」内の「今日の特集」でハートバードの活動が紹介されました。→ママ込みのTV取材
2009年12月10日「株式会社ハートバード」「非営利団体 心の鳥」を「倉敷市くらしきベンチャーオフィス」にて設立しました。→オフィス開き&会社設立記念パーティ

--年--月--日(--)    [カテゴリ: スポンサー広告]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング
2009年09月13日(日)    [カテゴリ: 仕事のこと]

リスクと信念 我が社の新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザの流行は、対岸の火事ではない。
自分ひとりでは予防もできない、高齢で認知症のママを身近で見ていると、こういう病気には、敏感にならざるを得ない。

   新型インフルエンザ対策ガイドライン」 (厚生労働省)

でも、本当の懸念は、ママよりも会社。東京の人混みに常に晒されているスタッフが、インフルエンザに感染する可能性は、決して低くない。満員電車など、むしろ、感染することを前提に考えなければならない。

●インフルエンザ対策の方針



少し迷ったが、インフルエンザ対策の方針として、私はこう決めた。

   仕事よりも、治療と感染防止を最優先

これに沿って、当社としての対策を考え、先週、スタッフに伝達した。
その主な事項は次のとおり。

  ・感染が疑われた場合は、すぐに医療機関で受診
   と同時に、当社オフィスおよび取引先への立ち入りを禁止
     〃   当社に連絡、必要時は取引先へも連絡
  ・インフルエンザであれば、医療機関の指示に従い、指定された場所・期間は治療に専念
  ・感染期間が過ぎてから、業務復帰
  ・インフルエンザの検査・治療にかかった費用は、全額、会社が補助
   (インフルエンザ関連の検査・治療がわかる旨の領収書を提出すれば、会社が本人に支払う)

マスクの備蓄(といってもこれは少量だけど)、具体的な連絡方法、各人が実施する予防策等も、合わせて指示した。

岡山の地でママの介護中心の生活を送っている私は、会社の売上にはほとんど貢献できないでも、こういうことであれば、私にもできる。
離れていても、判断できるだけの情報が入ってくれば、判断(決断)し、指示することはできる。
それに、これは社長の仕事であろう。 (我が社のような零細企業は特にそうだと思う。)

●仕事上のリスクとインフルエンザを天秤にかけて



  転ばぬ先の杖。

リスク管理の基本。「リスク」なんて言葉が一般化していない、ずっと昔から、人々はこうしてリスクに備えていたのだ。

自分たちにとって、あまり起きてはほしくない事態があっても、こうして、万が一起きた時のことを決めておけば、「想定内」となり、混乱も相当軽減されるだろう。
昨年書いたブログ 「リスクに対する「想定内」と、私の二重生活と、組織の規定の関係」 のように。

実は、我が社の場合、私自身がテレワークしているし、それ以前からも、テレワークを取り入れていたので、「自宅待機」に対しては、意外と強い。

だけど、これで必ずしも、すべてが安泰となるわけではない。
懸案事項もある。
うちのような零細企業では、代替要員が確保できない ってこと。

どんな業務でも、代替要員が確保できるに越したことはないけど、「確保できない」ことを前提に、業務によるリスクの大小を考えてみる。
この場合、我が社の業務で、ダントツにリスクが高いのが、 講師業
その場に、その時間に、先生がいなければ、何にも始まらない。
契約上も、講師が用意できない場合は、損害賠償することになっている。 まあ、これは当然だけど。

それでも。
それでも、私は、講師業務を完遂することよりも、休ませることを選択した。

よく 「講師は、這ってでも行け!」 と言われる。
つまり、大熱が出ても、怪我をしても、約束した仕事なんだから、何が何でもやり通せ、 ということ。
講師業など、すぐに代替が確保できない仕事の場合、個人がしっかり健康管理して、万全で望むのは当然。例え、体調不要でも、それは本人の責任だから、無理をしてでも、しっかり仕事をするのは当たり前。

だけど、新型インフルエンザのように、感染力が強いものは、本人の管理責任だけでは、いかんともしがたい部分によることが多い。

まさか、「インフルエンザにかかったけど、マスクをして講義しますので大丈夫です。」 では、今の社会通念に照らし合わせても、おかしいし、常識を疑われる。
常識以前の問題として、自分たちが感染行為を積極的に行い、その結果、感染者を増やしてしまっては、人として、どうであろうか。

●想定内でも、起こってほしくない



例え想定内でも、起こってほしくない。 それが、私の一番の希望。

でも、もし、起こった時、少なくともスタッフにとってみれば、「会社がどうぞ休んでください」 と言っているわけだから、安心して休めるだろう。

取引先は? 特に講師を依頼してきた所に対しては?
とにかく、スタッフは休ませる。
そして、もし、面倒な問題や理不尽なことが起これば、私が責任者として、東京に戻って対応する。

先週、対策をスタッフに伝達した時から、腹は決まっている
あとは、自分の信念に基づいて行動するだけ。

関連記事


クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://worklifebalance825.blog32.fc2.com/tb.php/865-8a0301de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

kiyomi

Author:kiyomi
認知症の母(要介護4)の介護で、4年半前から東京(自宅)~岡山(実家)を往復するも、心身共に疲れ果て、ついに2010年7月月末、経営していた会社の東京オフィスを閉鎖し、地元に一元化。
この経験から、もっと介護情報を流通できれば、もう少し介護生活を楽にできるのではないかと、2009年12月、倉敷市くらしきベンチャーオフィスにて、株式会社ハートバードを設立。2010/2/5、岡山県の介護・シニア・福祉情報ポータルサイト「介護ん!」運営をスタート。2012年3月、NPO法人介護ん設立。
性格は、良くも悪くも、呑気、楽天家、マイペース。趣味は草花を見て歩くこと。
ブログ開設:2008年7月4日
(開設理由はコチラ)

メールはこちらから

kiyomiのつぶやき(Twitter)

 

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。クリック応援お願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング

検索フォーム

カテゴリ

ママと私の日常 (580)
在宅介護のいきさつ、家族のこと (19)
仕事のこと (71)
東京と岡山 (19)
毎日の食事記録 大公開! (453)
低血糖症、食育、食事バランスガイド、フードマイレージ (15)
ワークライフバランスやテレワーク (24)

最新記事

★すべての記事はコチラから★

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。