上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
★オススメ記事カテゴリ★
◆TVオンエア!! 2010年1月13日(水)KSB瀬戸内海放送「KSBスーパーJチャンネル」内の「今日の特集」でハートバードの活動が紹介されました。→ママ込みのTV取材
2009年12月10日「株式会社ハートバード」「非営利団体 心の鳥」を「倉敷市くらしきベンチャーオフィス」にて設立しました。→オフィス開き&会社設立記念パーティ

--年--月--日(--)    [カテゴリ: スポンサー広告]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング
2009年08月21日(金)    [カテゴリ: ママと私の日常]

ママの迷惑電話 ~その2.金融・保険会社への電話~

ママの迷惑電話、昨日(8/20)の続き。
今日は、他人に迷惑をかけてしまう電話。

●ママが厳重にお金を管理しなければならなかった、悲しい過去



ママは18歳(高校3年生)の時、自分の父(私の祖父)をなくしてから、今までずっと、一家の大黒柱として働き、また、お金の管理もやっていた。

  コチラの記事も参考に → 「ママはインディだったから・・・
                   「自分の預金口座番号、空で言えますか?

ぷー太郎生活をしていた父(ママの夫)から、家計を守るためにも、お金の管理は厳重だった。
悲しいことに、私も父からはお金を盗られたこともあるし、貸したはずのお金は一度も戻ってきたことがなく、ママからは
  「お金は絶対に、パパに見つからないようにするのよ。
   それに、パパにはお金を貸してはダメよ。でも、もし、貸したら、必ずママに言ってね。

と言われていた。

娘の私でさえ、こういう状態だったのだから、ママは絶えず、父の脅威(?)に晒されていたのだろう。

●お金が管理できていないと思う不安から



過去の長~い生活の中で、ママのお金の厳重管理は習慣と化していた。
でも、その習慣が認知症を患ってからは、とても厄介なものとなる。

お金を絶対に離そうとしない、のはママでなくとも、認知症の人に多く見られること。

通知やはがき類を確認するママ(見守りWebカメラの映像)ママの場合、未だに 「自分がしっかりお金を管理しなくては」 と思って
いるから、独りにさせておくと ・・・、
どこからか、銀行や生命保険会社や市役所やらから来た
通知を探し出してきて、それを見ながら、電話をする
。 → → →

でも、ママが必死に確認しているのは、多くの場合、

  ・すでに支払いの済んだ請求書
  ・保険料や税金などの、銀行引落の通知
  ・年金などの、銀行振込の通知

という類のもの。

認知症で混乱が激しくなったママは、こういうものを見ては、そこに書いてある電話番号に電話し、
  「お金を払いに行きたい。
  「もう払っているのに、どうして請求書が来るのですか?
  「これは一体どういうお金を、おたくに払わなくてはいけないのですか?
  「いつ、お金を受け取りに行けば、いいのですか?
等々を、しつこく聞く。

電話の相手は、ママが認知症だとは知らないから、精一杯の対応をしてくださる。
でも、どうも話が通じない、とは思っているはず。
そして、困り果てて、 「担当の者から後ほど電話させます。」 と言う。

●実家の電話は、私のケータイに自動転送



その後ほどの電話は、私のケータイにやって来る。
私は、ママが認知症で、電話は私のケータイに転送されるという事情を話し、
  「本当に、母がご迷惑をおかけして、申し訳ございません。
と謝罪する。

そこで終わればいいのだけど、相手の方は、
  「しかし、ずいぶん、ご立腹のようですから、ご本人にきちんと説明したいのです。
   『後で電話します』 とも言いましたから。

と、さらに誠意を見せてくださる。

実際にママが何度も電話することもあるらしい。
ママとしては、単に電話したのを忘れて、また電話しているだけなのだが、
相手からすれば、「怒って何度も電話をかけてきている」 と思うのだろう。

だから、私はこうお願いする。
  「また、もし、母から電話がかかってきたら、
   『今日は担当が不在なので、明日、電話します。』
   と言ってください。
   でも、実際は、電話しないでください。どうせ、母は何も覚えていませんので、問題ありません


本当に電話しなくて、いいのですか?」 と食い下がる相手の方に、きっぱりお願いするしかない。



私も、身近に認知症の人がいなかったら、電話の相手の方のような反応を、きっとするだろう。
私たちは、普段は無意識のうちに、記憶を共有していることを前提に、話をする
以前のブログ「思い出という記憶を共有できるから、なお楽しい」 にも書いたように。

記憶の共有ができていない、ことを前提にするのは、認知症をいつも間近で見て、初めてできるようになるんだなあ、と思った。



そして、私の心の叫び。
  「ママ、頼むから、電話しないでぇ~!

関連記事


クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:認知症の介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://worklifebalance825.blog32.fc2.com/tb.php/821-4536cb91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

kiyomi

Author:kiyomi
認知症の母(要介護4)の介護で、4年半前から東京(自宅)~岡山(実家)を往復するも、心身共に疲れ果て、ついに2010年7月月末、経営していた会社の東京オフィスを閉鎖し、地元に一元化。
この経験から、もっと介護情報を流通できれば、もう少し介護生活を楽にできるのではないかと、2009年12月、倉敷市くらしきベンチャーオフィスにて、株式会社ハートバードを設立。2010/2/5、岡山県の介護・シニア・福祉情報ポータルサイト「介護ん!」運営をスタート。2012年3月、NPO法人介護ん設立。
性格は、良くも悪くも、呑気、楽天家、マイペース。趣味は草花を見て歩くこと。
ブログ開設:2008年7月4日
(開設理由はコチラ)

メールはこちらから

kiyomiのつぶやき(Twitter)

 

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。クリック応援お願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング

検索フォーム

カテゴリ

ママと私の日常 (580)
在宅介護のいきさつ、家族のこと (19)
仕事のこと (71)
東京と岡山 (19)
毎日の食事記録 大公開! (453)
低血糖症、食育、食事バランスガイド、フードマイレージ (15)
ワークライフバランスやテレワーク (24)

最新記事

★すべての記事はコチラから★

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。