上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
★オススメ記事カテゴリ★
◆TVオンエア!! 2010年1月13日(水)KSB瀬戸内海放送「KSBスーパーJチャンネル」内の「今日の特集」でハートバードの活動が紹介されました。→ママ込みのTV取材
2009年12月10日「株式会社ハートバード」「非営利団体 心の鳥」を「倉敷市くらしきベンチャーオフィス」にて設立しました。→オフィス開き&会社設立記念パーティ

--年--月--日(--)    [カテゴリ: スポンサー広告]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング
2009年07月16日(木)    [カテゴリ: 低血糖症、食育、食事バランスガイド、フードマイレージ]

ママ、ごめん。あえて一歩後退 ~低血糖症かもしれない私の食事改善への道(その3)~

私は、またママを置いてきぼりにしてしまった。
以前は、ママの気持ちに寄り添っていなかった「ママのため」に。
今度は、ママの気持ちに寄り添おうともしなかった、「自分のため」に。

●実は強い確信を持っていた、ママの食欲不振



それは7/13のブログ「その2」で書いたとおり。
ママは玄米に強い拒否反応を示していた。
それでも、私は玄米ご飯を強要していた。例えば、7月13日の食事記録は、朝昼晩3食とも玄米だ。

認知症のママの精神は、若い頃や子供の頃に戻っている。
戦時中、育ち盛りだった頃のママは、食糧不足はどんなに辛かったことか。
  「配給の長い列に並んでも、砂糖なんて、ほんのこれぽっちしかもらえなかった。
と今でも繰り返し話すママ。
ママにとって、夢にまで見た白米。夢にまで見た砂糖。夢にまで見た卵。夢にまで見た ・・・ 。
だから、ママはどうしても白米が食べたいのだ。今さら、玄米も麦飯も食べたくない。

●白米に替えた途端



玄米にすることで、ママはご飯だけでなく、おかずも含め、あまり箸を付けなくなっていた。
だから、余計、ママの「お腹空いた!」は激しくなっていった。
これは、7/11のブログ「心が疲れ切ってくると、衝動的に殺したくなる」にも書いたとおり。

それに、高齢者の場合、きちんと食事を取らないことは、食が細り、みるみる弱っていくことを意味している。
ブログを見て、ママの状態を心配して連絡くださった方もいるほど。

こんなこともあり、思い切って、7/14の夕食から白米に戻してみた。(参照:「7月14日の食事記録」)
直前にした食事だって、きれいさっぱり忘れてしまうママだから、もちろん、ママには白米に戻したことに一切触れず、配膳した。

すると、ママは、まるで 水を得た魚 のように パクパク食べた
あっという間に完食
早食いは良くないけれど、食べないよりは、よほどいい。

それ以来、ご飯だけは白米に戻している。
ママの食欲も、完全に元通りになった。おかずもきちんと食べてくれる。

  「ママ、ごめんね。こんなにも嫌だったんだね。

認知症が進みつつあるママには、「身体にいい。栄養あるんだよ。」 という理論は通じない
より本能的に、つまり、好きか嫌いか、快か不快か を直感的に判断し、それを身体全体で表現する。
病気のせいで、赤ん坊返りしているのだ。

●ちょっとした一言を添えて



ママには、いつもご飯を装う係をしてもらっている。ママの茶碗と私の茶碗を区別するだけでも、ちょっとしたリハビリになるから。
ママの茶碗は大きい。だから、ママが装う時に、ちょっと声をかける。
  「少なめにして、足りなかったら、おかわりしようよ。ご飯は逃げないから。
以前は、この呼びかけを少し嫌がっていたママだけど、最近はあっさりと従ってくれる。

そして、ママは、おかずをしっかり食べて、お腹いっぱいになる。ご飯のおかわりをすることはない。

●ママと私の生活のバランスの中で



食生活を改善していくのは重要だけど、毎日のことだからこそ、それがママの負担にならないように。
そして、私の負担増も最小限に。
「私の負担」とは、ママが不機嫌になることで、取られてしまう時間や精神力も含んでいる。

今の自分に与えられた生活の中で、どういう工夫ができるかを考えることが、とても大切だと悟った。白米に戻しても、他にできることは、いくらでもある。
だから、一歩後退も、また必要。

関連記事


クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:低血糖症 - ジャンル:心と身体

コメント

難しいですね

身体にいいのに食べてくれないのは悩んでしまいますね。

私も、両親と息子の親子3代で暮らしていますが、
両親は玄米が固いからと白米、低血糖症の息子は玄米と
炊き分けています。炊飯器フル稼働です。

父は甘いものが大好きで、一人で甘いお菓子をたくさん
買ってきてしまうし、なかなかみんな一緒の食生活には
できません。

kiyomiさんもうまく生活のバランスが取れていくとよいですね。

米に混ぜてみる

我が家では「胚芽米」に発芽玄米・米粒麦(お米の形をした麦)などを混ぜて食べています
(胚芽米は生協のお店で取り扱いがあると思います)
玄米だけよりも見た目が白っぽく抵抗がありません

固くありませんし食べやすいです
麦はビタミンB1なども豊富なのでいいです

食べやすいですよ

色々工夫してみるのもいいと思います

まずは、炊き分けに

ajisaさん、プロティンさん、
さっそくのアドバイスをありがとうございました。
こうして、どなたかがアドバイスをしてくださることで、「あっ、こういう方法もあるんだな」とヒントをいただけるのは、うれしい限りです。

それでまずは、炊き分けを実行してみることにしました。
ママには白米、私は玄米です。(私は玄米は平気です。)

玄米は炊いた後、1回分ずつ小分けにして冷凍庫に。
白米は炊きあがっても、そのまま炊飯器で保温。これはママの認知症のためです。炊飯器の中にあるごはんを、ちゃんと自分のお椀に、自分で装うという、ずっと続けてきたリハビリを続けていくためです。

これでしばらく様子見しようと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://worklifebalance825.blog32.fc2.com/tb.php/758-74218432
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

kiyomi

Author:kiyomi
認知症の母(要介護4)の介護で、4年半前から東京(自宅)~岡山(実家)を往復するも、心身共に疲れ果て、ついに2010年7月月末、経営していた会社の東京オフィスを閉鎖し、地元に一元化。
この経験から、もっと介護情報を流通できれば、もう少し介護生活を楽にできるのではないかと、2009年12月、倉敷市くらしきベンチャーオフィスにて、株式会社ハートバードを設立。2010/2/5、岡山県の介護・シニア・福祉情報ポータルサイト「介護ん!」運営をスタート。2012年3月、NPO法人介護ん設立。
性格は、良くも悪くも、呑気、楽天家、マイペース。趣味は草花を見て歩くこと。
ブログ開設:2008年7月4日
(開設理由はコチラ)

メールはこちらから

kiyomiのつぶやき(Twitter)

 

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。クリック応援お願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング

検索フォーム

カテゴリ

ママと私の日常 (580)
在宅介護のいきさつ、家族のこと (19)
仕事のこと (71)
東京と岡山 (19)
毎日の食事記録 大公開! (453)
低血糖症、食育、食事バランスガイド、フードマイレージ (15)
ワークライフバランスやテレワーク (24)

最新記事

★すべての記事はコチラから★

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。