上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
★オススメ記事カテゴリ★
◆TVオンエア!! 2010年1月13日(水)KSB瀬戸内海放送「KSBスーパーJチャンネル」内の「今日の特集」でハートバードの活動が紹介されました。→ママ込みのTV取材
2009年12月10日「株式会社ハートバード」「非営利団体 心の鳥」を「倉敷市くらしきベンチャーオフィス」にて設立しました。→オフィス開き&会社設立記念パーティ

--年--月--日(--)    [カテゴリ: スポンサー広告]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング
2009年07月14日(火)    [カテゴリ: 仕事のこと]

おかしいぞ!J-SaaS(その5) ~解約の謎と問題点~

7/10のブログ「おかしいぞ!J-SaaS(その4) ~利用規約のマジックワード~」の中で、
  無料期間のキャンセル時、実は「当社所定の方法」でも、「あれ?」っと思うことがあった
と書いたが、その続き。
そして、7/6の「おかしいぞ!J-SaaS(その1) ~無料期間とは大ウソ?~」で書いた問題を、J-SaaS全体ではどうなのか? を考えてみた。
(今までの記事はコチラからどうぞ。 → 「その1」、 「その2」、 「その3」、 「その4」)

●J-SaaSポータルに書いてあるサービスの解約方法と、その問題点



J-SaaSポータルの「契約方法」ページには、J-SaaSのサービス、つまり各ショップが提供するサービスを解約する場合の手続きとして、次のように書かれている。

  1.サービスの利用を解約する場合、「サービス解約申請書」をダウンロード・ご記入のうえ、
    FAXにて、J-SaaSサポートデスクまでご送付ください
  2.J-SaaSサポートデスクは、「サービス解約申請書」をいただきますと、今後の課金請求を停止
    したのち、お客様(企業管理者)のメールアドレスに、解約受付・課金停止通知の旨メールにて
    お送りします。


このページに来るには、 トップページ → サービスのご案内 → (「ヘルプ」内の)契約方法 など、いつくかの方法があるけれど、ここまで辿るのが、わかりにくい

新規契約なら、いざ知らず、各サービスを利用するようになれば、J-SaaSポータルのページなんか見ないで、サービスに入ってしまうので、見落とすことも多いだろう。
かく言う私も、そうだった。 これは、後に書く別の理由の方が大きいのだけど。

それに、なぜ、解約時だけFAXなのか? という疑問も残る。

●利用規約の問題点



その4」で、
  J-SaaSポータルの利用規約を、そのままショップが流用してしまったら、「当社所定の方法」と
  いう記述部分で、矛盾を生んでしまう

と書き、例として「第9条(利用契約の締結等)」をあげたが、実は、解約の条項にも同じ問題をはらんでいる。

  (契約者からの利用契約の解約)
  第15条 契約者は、解約希望日の30日前まで当社が定める方法により当社に通知するこ
  とにより、解約希望日をもって利用契約を解約することができるものとします。なお、解約希望日の
  記載のない場合又は解約希望通知到達日から解約希望日までの期間が30日未満の場合、解約
  希望通知が当社に到達した日より30日後を契約者の解約希望日とみなすものとします。


私が見た限り、どのショップも全く同じ記述だった。

◆問題点1.「30日前までに」は無料期間にも適用されるのか?

その1」では、たまたま私が申し込んだ、一ショップ(デスクネッツストア)で、
  特定商取引法に関する表記内の「キャンセル」よりも、利用規約を優先する
という事態が起こり、私はJ-SaaS側に「おかしい、納得いかない!」と苦情を言い、それによって、やっと無料キャンセルができることになった。

が、他ショップでも全く同じ利用規約の書き方をしているから、同様の問題が起こるはずだ。
もしも、
  「ショップのことはショップに。ショップによって異なりますから。
なんて言われたら、利用者はたちどころに戸惑うだろう。
同じ書き方なのに、ショップによって解釈が違うなんてことは、J-SaaSとしての当然あるべき統一性と信頼性を揺るがしてしまう

それに、もしも、利用規約が優先されると、ほとんどのショップで 「無料期間は1日たりともない」 ことになってしまう

◆問題点2.J-SaaS側が提示する解約方法と異なる

利用規約で、「当社が定める方法により当社に通知」 とあれば、普通は、ショップに直接、解約を通知するだろう。私も、そうした。

J-SaaS側に解約方法を尋ねた時、その回答は、もちろん、J-SaaSポータルに記してある方法だった。
J-SaaS側は、各ショップの利用規約などに、全く目を通していないのでは? と思わずにはいられなかった。

解約をJ-SaaSポータルに記してある方法に統一するのであれば、利用規約の当該部分は

  当社が定める方法により当社に通知
       ↓
  J-SaaSポータル内の「サービス解約申請書」をダウンロード・記入のうえ、FAXにて、J-SaaS
  サポートデスクまで送付


と書き替えるべきではないか?

◆問題点3.解約通知をJ-SaaS経由にすることで、ショップ側への到着が遅れないか?

利用規約では、ショップへの「解約希望通知到達日」をもって、期間を計算するようである。
通知を夜間に送ると、確実にショップに届くのが1日遅れるし、ましてや金曜日夜や連休前夜であれば、3日以上遅れることになる。

月末に解約通知を出したつもりになっていたら、届いたのは次月になってから、では、余分な利用料を払うことになってしまい、利用者に優しくない。

●ショップ側が、利用規約を把握していない?



私が体験したショップ(デスクネッツストア)の場合、ショップ側が自身の利用規約を把握していないのでは? と思わざるを得なかった。
それは、次のようないきさつから。

サービス申し込み時にショップから来た「注文確認」メールには、次の一文があった。
  「無料期間中のキャンセルは、当社コミュニケーションセンターにて、電話、FAX、電子メ-ル
   にて承っております。


これ以外には、利用規約にもある 「当社が定める方法により当社に通知」 に該当する記述はなく、これこそがキャンセル方法と思って、これに従って、メールとFAXで、解約通知を出した。

しかし、解約通知に対し、ショップからのメールには、
  「通常はJ-SaaSサポートデスクまで、FAXにてご解約申請をしていただく事になりますが、今回は、
   弊社側から解約のお手続きをさせていただきます。

とあった。
解約してくれるんだから、目くじら立てなくても、・・・とも思うが、でも、ショップ側の言う通りの方法でやったにもかかわらず、 「どうして、こんな書き方をされるのだろう? おかしい!」 と思ってしまう。



J-SaaS側の、
  「各ショップ事業者の無料期間の定義、利用規約、商品紹介等について、細心の注意を払い確認
という言葉が、1日も早く、本当になることを願うばかり。

→→→ 「その6」へ

関連記事


クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:SaaS - ジャンル:ビジネス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://worklifebalance825.blog32.fc2.com/tb.php/752-d4b00d39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

kiyomi

Author:kiyomi
認知症の母(要介護4)の介護で、4年半前から東京(自宅)~岡山(実家)を往復するも、心身共に疲れ果て、ついに2010年7月月末、経営していた会社の東京オフィスを閉鎖し、地元に一元化。
この経験から、もっと介護情報を流通できれば、もう少し介護生活を楽にできるのではないかと、2009年12月、倉敷市くらしきベンチャーオフィスにて、株式会社ハートバードを設立。2010/2/5、岡山県の介護・シニア・福祉情報ポータルサイト「介護ん!」運営をスタート。2012年3月、NPO法人介護ん設立。
性格は、良くも悪くも、呑気、楽天家、マイペース。趣味は草花を見て歩くこと。
ブログ開設:2008年7月4日
(開設理由はコチラ)

メールはこちらから

kiyomiのつぶやき(Twitter)

 

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。クリック応援お願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング

検索フォーム

カテゴリ

ママと私の日常 (580)
在宅介護のいきさつ、家族のこと (19)
仕事のこと (71)
東京と岡山 (19)
毎日の食事記録 大公開! (453)
低血糖症、食育、食事バランスガイド、フードマイレージ (15)
ワークライフバランスやテレワーク (24)

最新記事

★すべての記事はコチラから★

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。