上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
★オススメ記事カテゴリ★
◆TVオンエア!! 2010年1月13日(水)KSB瀬戸内海放送「KSBスーパーJチャンネル」内の「今日の特集」でハートバードの活動が紹介されました。→ママ込みのTV取材
2009年12月10日「株式会社ハートバード」「非営利団体 心の鳥」を「倉敷市くらしきベンチャーオフィス」にて設立しました。→オフィス開き&会社設立記念パーティ

--年--月--日(--)    [カテゴリ: スポンサー広告]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング
2009年07月12日(日)    [カテゴリ: ママと私の日常]

介護サービスは運? ~我が家の当たり外れ(その2)~

6/24のブログ「介護サービスは運? ~我が家の当たり外れ(その1)~」で、

  介護サービスは『』が左右」、と言うけれど、その運は後々まで尾を引き、生活自体の明暗を
  分けてしまう。我が家の場合も典型。
   ・以前に頼んでいた訪問介護(ホームヘルプ) ・・・ 外れ
   ・現在通っているデイサービス ・・・ 当たり


と書いた。今日は、なぜ、当たりと外れが分かれてしまったかを考察してみた。

●私自身の失敗その1 ~急いては事を仕損ずる~



間もなく、私の在宅介護生活は2年になる。
この生活をスタートしたての2007年9月、「ママのため。私のため。」と思って矢継ぎ早にいろいろな行動を起こしたが、結果的に、私は急ぎ過ぎていた

あの時、私はケアマネージャーさんに、こう頼んだ。
  「できるだけ早く、訪問介護を開始してほしいのです。

ケアマネージャーさんは、この私の要望に添って、すぐさま事業所をあたり、もう次の日には、とある訪問介護事業所の代表の方を連れてきてくださったのだから。
そして、早速、次週から訪問介護サービス開始! となった。

その時、私は、自分の予想以上に早くホームヘルパーさんが来てくれることになり、ほっとしていたのだが、自分の間違いに気づくのは、もっと後になってからだった。

当時、「とにかく早く訪問介護をスタートしてくれる所」 という物差しでしか、見ていなかった
これが失敗の大きな原因。
「ママのため」と思いながら、焦っていた私は、ママの気持ちに寄り添っていなかった。

反対に、この教訓を生かし、デイサービスは利用するか否かも含め、焦らず、ゆっくりと検討した。
その結果、ママの状態とママの性格に合ったデイサービスセンターに行き着いた。

●私自身の失敗その2 ~介護サービスを理解していなかった~



当時、お願いしていた訪問介護サービスは、私にとって初めての介護サービスの利用で、介護サービスの受け方を全く理解していなかった

ずいぶん前のブログ「ごめんね、ママ。くみ取れなかったママの意向」で書いたことだけど、
ホームヘルパーさんが熱心な方で、その熱心さにどこかで矛盾と違和感を感じていたものの、
熱心にやってくださっているので、不平不満を言ってはいけない」 と思っていたこと。

本当は、熱心なのと、質の良い介護とは全く別物だったのに。
ヘルパーさんの 「お世話してあげる」という態度こそ問題だった、と後になって思った。

●サービスの形態自体が抱える問題 ~管理監督と教育訓練~



在宅介護サービスの場合

ホームヘルパーさんが、いったん利用者の家庭に入り込んでしまうと、事業者側では、その仕事ぶりをほとんど管理監督できなくなる
利用者側から、明確なクレームが出れば何らかの対処をするだろうけど、そうでなければ、問題があってもなくても、そのままの状態でサービスを続けてしまうことになる。

「ホームヘルパー2級」の資格があれば、仕事をすることは可能。
でも、その中に認知症に対する部分は、ごくわずか。とても「専門性を持って」とは言い難い。

ヘルパーさんの多くは登録制契約で、ヘルパーとして稼働した時間だけお金がもらえる、という労働条件で働いている人が大半だろう。
果たして、資格取得後のOff JT(職場とは別の場所で行う教育訓練)は受けているのだろうか?

現場での経験が一番大切とはいえ、だれも管理監督せず、教育訓練も受けず、という状態が長引けば、仕事内容を矯正される機会もなく、どんどん自己流が助長されていくのではないだろうか?

◆施設で受けるサービスの場合

デイサービス(通所介護)など、施設で介護サービスを受ける場合、その施設の管理監督者が、職員の仕事ぶりを直接見て、指導を行える
一般的な職場では、先輩や上司の厳しい(時には納得のいかない)指導を受けながら、次第に一人前になっていく。この当たり前のことが、施設の場合だとできる。

また、(施設によって差はあるだろうけど) Off JTもある程度計画的に組まれ、教育訓練も受けやすい。

職場でのOJTと職場外でのOff JTが、バランス良くできている所は、少なくとも、ハズレの可能性は低かろう。
実際に、ホームヘルパーさんに対し、定期的な教育訓練を施すのは難しいのかもしれないが、介護事業者を選択するにあたって、計画的に教育訓練を受けさせているのかどうかを尋ねるのと、とても重要だと思う。

デイサービスセンターを決める時、施設訪問はもちろんのこと、自分の失敗経験から、どのような教育訓練を実施しているのかを、しっかりと聞いた。

関連記事


クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:認知症の介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://worklifebalance825.blog32.fc2.com/tb.php/749-0e6b1786
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

kiyomi

Author:kiyomi
認知症の母(要介護4)の介護で、4年半前から東京(自宅)~岡山(実家)を往復するも、心身共に疲れ果て、ついに2010年7月月末、経営していた会社の東京オフィスを閉鎖し、地元に一元化。
この経験から、もっと介護情報を流通できれば、もう少し介護生活を楽にできるのではないかと、2009年12月、倉敷市くらしきベンチャーオフィスにて、株式会社ハートバードを設立。2010/2/5、岡山県の介護・シニア・福祉情報ポータルサイト「介護ん!」運営をスタート。2012年3月、NPO法人介護ん設立。
性格は、良くも悪くも、呑気、楽天家、マイペース。趣味は草花を見て歩くこと。
ブログ開設:2008年7月4日
(開設理由はコチラ)

メールはこちらから

kiyomiのつぶやき(Twitter)

 

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。クリック応援お願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング

検索フォーム

カテゴリ

ママと私の日常 (580)
在宅介護のいきさつ、家族のこと (19)
仕事のこと (71)
東京と岡山 (19)
毎日の食事記録 大公開! (453)
低血糖症、食育、食事バランスガイド、フードマイレージ (15)
ワークライフバランスやテレワーク (24)

最新記事

★すべての記事はコチラから★

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。