FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
★オススメ記事カテゴリ★
◆TVオンエア!! 2010年1月13日(水)KSB瀬戸内海放送「KSBスーパーJチャンネル」内の「今日の特集」でハートバードの活動が紹介されました。→ママ込みのTV取材
2009年12月10日「株式会社ハートバード」「非営利団体 心の鳥」を「倉敷市くらしきベンチャーオフィス」にて設立しました。→オフィス開き&会社設立記念パーティ

--年--月--日(--)    [カテゴリ: スポンサー広告]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング
2009年07月01日(水)    [カテゴリ: 低血糖症、食育、食事バランスガイド、フードマイレージ]

低血糖症を調べる「5時間糖負荷検査」を受けた(その1) ~検査までの道のり~

先週、低血糖症かどうかを調べる「5時間糖負荷検査」を受けた。
今日はそのレポートの前半。検査に行くまでの道のり。

●2009年5月12日



朝日新聞の「こころと体の通信簿」コーナーに「低血糖症」の記事が載っていた。
私はこのとき、初めて「低血糖症」なるものを知る

チェックリストに書かれた症状の多くが、自分に当てはまる。
   「私はもしかして低血糖症なのかも?
と思った。
でも、その検査は長時間かかるようで、介護の合間に時間を取るのは 「ちょっと難しいかも」 とも思う。

●2009年5月14日



2日経っても、5/12の新聞記事がずっと気になっていたので、この日のブログに
   「もしかして、私は低血糖症?
と題して書く。
そして、ブログの中で
   「どなたか、岡山県倉敷市内に低血糖症を診てくださる良い所があれば、ぜひ教えてください
と、呼びかけてみる。

●2009年5月16日



認知症のママの付き添って、ママのかかりつけ医である近所の医院に行く。
(認知症の薬「アリセプト」を処方してもらうために、1ヶ月に1度、通院している。)

ママの診察時に、私は
   「先日、新聞で低血糖症の記事を見たのですが、先生がその検査をしてくれる所をご存じでしたら、
    教えてください。私は低血糖症のような症状があります。

と尋ねてみた。先生、曰く
   「低血糖って言うのは、糖尿病だったら、あるかもしれませんよ。
    でも、あなた、確か、糖尿病はなかったですよね? だから、あなたは低血糖のはずがない
    それでもって言うなら、検査なんて1分でできますから、ここでやってあげましょう。
    それじゃあ、受付で診察券出して、お母さんとは別に、もう1度、順番待ちしてね。

と。
とりあえず、私は、その通りにしてみる。
看護士さんが、私の血をわずかに取り、最後の食事時間がいつだったかを尋ねる。
その後、先生の診察。血糖値の結果を見て
   「普通、普通! 問題なし!
    新聞に書いてあったからって、イチイチ騒いでたら、どんな病気にでも当てはまってしまうよ。
    そんなの気にしちゃ、ダメだよ。

と、私に言った。
血糖値は「普通」というだけで、具体的数値は教えてくれなかった。もっとも私から聞かなかったから。
そして、私が最初に頼んだ、血糖値の検査が受けられる所も、もちろん教えてはくれなかった。
先生からすれば 「問題なし!」 な訳だから、もうこれ以上検査する必要はない、と言うことだろう。

何か、完全に断ち切られた気がした。
 

●2009年5月18日



その5/14のブログに対し、初めてのコメントがつく。低血糖症の治療をされている夢子さんから。
5時間糖負荷検査」が受けられる所の情報を教えていただき、そのページを見に行く。

岡山県内には2件あるようだけど、場所を調べると、どちらも少し遠い。
検査を受けに行ってみたい気はするけど、ママの介護のこともあり、ちょっと難しいなあ と思った。

5/16にママのかかりつけ医で、失望したことも引きずり、気持ちはあっても、行動には移せなかった。

●2009年5月28日



高校時代の後輩のF君から電話があり、
   「先輩の症状は、うつかもしれないから、一度、その方面の医者に診てもらうのを勧めますよ。
と。それに対し、私が
   「実は以前、診てもらおうと電話したのだけど、かなり先でないと予約が入れられないので、結局、
    行くのを諦めた。

と答えると、F君曰く、
   「確かに混んでいる所が多いかもしれないけど、比較的早く予約を入れられる所もあるはずなので、
   調べておきますね。

と。

●2009年5月29日



そのF君から早くもメールが来た。そこには、2箇所のお医者さんの連絡先とF君のコメントが書かれていた。F君は、昨日の言葉通り、すぐに調べてくれたのだ。
私はお礼を兼ね、F君に電話し、いろいろと尋ねてみた。

同じ倉敷市内とはいえ、少し遠そうな、でも予約が入れやすいお医者さんに行くか、それとも、多少近場でも予約の入れにくいお医者さんに行くか ・・・ 迷った

せっかくF君が教えてくれたのだけど、迷った末、積極的行動に移せなかった
というのは、うつ病などの薬を安易に多量処方する医師が多いというメディアの報道や、かなり昔だけど、私はごく身近で、精神科系の薬を処方され、きちんと飲んでいたにもかかわらず、症状が一向に改善しないばかりか、悪化する人を見てきたから。
こんなことから、どうしても、一歩踏み出せなかった

ここまでで、ほとんど私は諦めかけていた
そして、低血糖症のことは、私から遠ざかっていった

     
     
     

●2009年6月9日



この日、形勢は一気に変わる
5/14のブログに対し、倉敷市出身で反応性低血糖症により治療中のさんからコメントがついた。
非常に詳しいコメント
それに桜さんが治療を受けている「新宿溝口クリニック」は、東京の自宅から徒歩数分の所にある!

ピンと来た! というか、頭の中でパッと電気がついた感じがした。

●2009年6月10日



引き続き、桜さんからの詳細なコメントが続く。

ついに、私は重い腰を上げ、新宿溝口クリニックに電話した。
   「岡山県、できれば倉敷市で、5時間糖負荷検査を受けたいのですが、提携されている所はありませ
    んでしょうか?

返ってきたのは、
   「直接、当クリニックに来院され、検査を受けることはできますか?
という答え。

一旦電話を切ったものの、気持ち的には、もう新宿溝口クリニックで検査を受けるつもりになっていた。
自分のスケジュールを調べた後、再度、電話を入れ、ついに5時間糖負荷検査の予約を入れた

●2009年6月14日



やはり桜さんからのコメントで、次の本を知り、ネット書店で注文する。
                     ↓ ↓ ↓ ↓ 
「うつ」は食べ物が原因だった! (青春新書INTELLIGENCE)「うつ」は食べ物が原因だった! (青春新書INTELLIGENCE)
(2009/06/02)
溝口 徹

商品詳細を見る

精神科医の栄養療法―今日からすぐに実践できるメンタルケアのための栄養レッスン精神科医の栄養療法―今日からすぐに実践できるメンタルケアのための栄養レッスン
(2009/05)
佐藤 安紀子溝口 徹

商品詳細を見る


●2009年6月17日



本がやって来た。 「「うつ」は食べ物が原因だった! 」 から、読み始める。

●2009年6月18日



「うつ」は食べ物が原因だった! 」 を読み終え、食事改善に少しずつ、取り組んでみることにした。
その様子は当日のブログ
   「甘いものは麻薬だぁ! ~低血糖症かもしれない私の食事改善への道(その1)~
に掲載。

●2009年6月25日



夜、東京の自宅に戻り、22時までに夕食を済ませる。
(明日の検査のために、22時以降は食べたらダメ。水だけOK。)

●2009年6月26日



家の掃除や洗濯を一通り済ませ、新宿溝口クリニックに歩いて向かう。
近所なので、クリニックのすぐ近くにあるスターバックスや、クリニックの隣のコンビニは以前から知っていたけど、新宿溝口クリニックの存在は知らなかった。
   「本当にこんなに近くにあったんだ。
と思いつつ、中に入る。



いよいよ、5時間糖負荷検査。続きは、次回に。

関連記事


クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:低血糖症 - ジャンル:心と身体

コメント

おおおー。

こんにちは。
経緯を拝見しましたが、とても前進されたようですね。
なんと既に検査まで受けられたようで、すばらしいです。
kiyomiさんの行動力に拍手!!
後輩のFさんと、コメントされた皆さんもすばらしいです。
私も皆さんと一緒にkiyomiさんを応援しております。

場所を悩まれたようですが、最終的に新宿から近いところにお住まいのよう?で、直接先生に診察していただけたようで、よかったですね。
無事に検査をお受けになられたようで安心しました。
また、経緯や体調のことなどを聞かせてくださいね。
kiyomiさんと周りの方が健康になりますように。

ではでは。

Re: おおおー。

夢子さん、早々に応援コメント、ありがとうございます!

とにかく検査を受けることが、初めの一歩だと思ったものの、ちょっと時間がかかってしまいました。
でも、自宅近くにクリニックがあったのが幸いでした。
23区内でも、電車を乗り継いで行くような場所だったら、未だに迷っていたと思います。

本当に今回のことは、皆さんに感謝! です。
検査結果を楽しみ(?)に待ちます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://worklifebalance825.blog32.fc2.com/tb.php/726-8e7a75c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

kiyomi

Author:kiyomi
認知症の母(要介護4)の介護で、4年半前から東京(自宅)~岡山(実家)を往復するも、心身共に疲れ果て、ついに2010年7月月末、経営していた会社の東京オフィスを閉鎖し、地元に一元化。
この経験から、もっと介護情報を流通できれば、もう少し介護生活を楽にできるのではないかと、2009年12月、倉敷市くらしきベンチャーオフィスにて、株式会社ハートバードを設立。2010/2/5、岡山県の介護・シニア・福祉情報ポータルサイト「介護ん!」運営をスタート。2012年3月、NPO法人介護ん設立。
性格は、良くも悪くも、呑気、楽天家、マイペース。趣味は草花を見て歩くこと。
ブログ開設:2008年7月4日
(開設理由はコチラ)

メールはこちらから

kiyomiのつぶやき(Twitter)

 

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。クリック応援お願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング

検索フォーム

カテゴリ

ママと私の日常 (580)
在宅介護のいきさつ、家族のこと (19)
仕事のこと (71)
東京と岡山 (19)
毎日の食事記録 大公開! (453)
低血糖症、食育、食事バランスガイド、フードマイレージ (15)
ワークライフバランスやテレワーク (24)

最新記事

★すべての記事はコチラから★

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。