上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
★オススメ記事カテゴリ★
◆TVオンエア!! 2010年1月13日(水)KSB瀬戸内海放送「KSBスーパーJチャンネル」内の「今日の特集」でハートバードの活動が紹介されました。→ママ込みのTV取材
2009年12月10日「株式会社ハートバード」「非営利団体 心の鳥」を「倉敷市くらしきベンチャーオフィス」にて設立しました。→オフィス開き&会社設立記念パーティ

--年--月--日(--)    [カテゴリ: スポンサー広告]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング
2009年06月10日(水)    [カテゴリ: ママと私の日常]

視点欠けに思えた介護離職の防止 ~NHK「介護と仕事 両立できる社会へ」を見て~

今日のNHK「クローズアップ現代」は
     『介護と仕事 両立できる社会へ
がテーマ。
介護離職が深刻化する中、「介護も仕事も」は私にとっても悲願である。

介護と仕事の両立は羨ましすぎる事例?



番組内で紹介された、介護と仕事の両立事例は素晴らしいと思う反面、実際に介護に追われている人の多くは、ため息と諦めの気持ちで見ただろう。

育児と異なり、期限のメドがつかない介護の場合、職場に戻る確約もできず、雇う側も雇われる側も困惑する。
ましてや現在の不況下において、現実問題として仕事を続けられる選択ができる人は、ほんの一握りですら、いないのではないか。
ほとんどの人にとって、「仕事を辞めないでもよい方策」は介護放棄する以外、選択肢がないだろう。

●でも介護と仕事の両立は綱渡りではないか?



介護と仕事の両立が現在できている、羨ましすぎる事例の方々でさえ、実際は綱渡りではないか?

もし 「今の状態を長く続けられるか?」 という質問を、介護をしながら仕事も続けている人々に尋ねた場合、自信を持って 「はい」 と答えられる人が何人いるだろうか?

本当の介護と仕事の両立とは、3ヶ月、半年、1年ではなく、5年、10年単位で両立が続けられる状態を維持できることではないか?
それも介護する人間が、過剰に追い詰められたり、疲れたりしないことが必要。

私自身、「認知症のママを介護する」と決断したまでは良かったが、いろいろな誤算があった。

仕事の時間、介護の時間を明確に分けられない
   特に在宅介護の場合、当初の予想以上に仕事の時間(もちろん自分の時間なども)が浸食され
   ることに気づく。明確に「介護」する以外、「見守り」や「話し相手」をする時間に多くを費やしてしま
   い、集中して仕事に取り組めない
   これは以前のブログ「執筆はテレワーク向きか否か?」でも書いたとおり。

介護は時間だけでなく、エネルギーも吸い取られる
   時間的な問題だけではなかった。介護は消耗する。私の場合、ママが認知症だからか、精神的な
   消耗が疲労に直結する。
   ママが寝てからの時間、「さあ、やろう!」という気持ちとは裏腹にエンジンがかかりにくい。

それに、認知症などの進行性のものは、次第に介護の手間も増えてくる
一生懸命、機能維持に努めても、「昨日できたことが今日はできない」とか「できない割合が増えてきた」ことを認識せざるを得ない。

今がギリギリの状態なら、近い将来は ・・・ と不安にかられるのは当然。

●介護される側が受け入れるか? 番組では全く語られなかった視点



今日の番組を見ながら、一番違和感を覚えたこと。

介護と仕事の両立ができるような制度や仕組みを企業が取り入れ、それを介護する人が利用する。
そこまではいい。
しかし、それには、介護する人や周囲の人が決めた介護方法やサービスに、介護される側が同意している、という暗黙の了解が成り立っている必要がある。

つまり、番組では、二者の了解だけでなく、
   三者(企業・介護する人・介護される人)の了解があって、初めて介護は機能する
という視点が完全に欠けていた。
時間の都合上、仕方ないかとも思うけど、この番組の制作に関わった人はだれ一人として介護経験を持っていない、と感じた。

ママも一緒に番組を見ていたが、未だにいつもながらの他人事の反応。ママとこんな会話を交わした。

   ママ 「介護する人は大変だねえ。仕事も抱えているのだから。」
   私  「本当にそうだよ、大変だよ。」
   ママ 「『介護病院』なんか、ないのかな? そこに入ればいいのよ。」
   私  「じゃあ、ママ。 『介護病院』があったら、ママは入る?」
   ママ 「入るわけない! 家にいる。」

なかなか他人の介護(介護サービス)を受け入れようとしないママ。
少なくとも私の場合、ママが介護サービスをもっと受け入れてくれれば、「介護と仕事の両立」はもっと近づく。
だけど、人生の終盤に差しかかった、愛する肉親や配偶者に対し、本人が嫌がることを、平気で押しつけられる人は、多くないと思う。
関連記事


クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:認知症の介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://worklifebalance825.blog32.fc2.com/tb.php/686-82d1bd9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

kiyomi

Author:kiyomi
認知症の母(要介護4)の介護で、4年半前から東京(自宅)~岡山(実家)を往復するも、心身共に疲れ果て、ついに2010年7月月末、経営していた会社の東京オフィスを閉鎖し、地元に一元化。
この経験から、もっと介護情報を流通できれば、もう少し介護生活を楽にできるのではないかと、2009年12月、倉敷市くらしきベンチャーオフィスにて、株式会社ハートバードを設立。2010/2/5、岡山県の介護・シニア・福祉情報ポータルサイト「介護ん!」運営をスタート。2012年3月、NPO法人介護ん設立。
性格は、良くも悪くも、呑気、楽天家、マイペース。趣味は草花を見て歩くこと。
ブログ開設:2008年7月4日
(開設理由はコチラ)

メールはこちらから

kiyomiのつぶやき(Twitter)

 

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。クリック応援お願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング

検索フォーム

カテゴリ

ママと私の日常 (580)
在宅介護のいきさつ、家族のこと (19)
仕事のこと (71)
東京と岡山 (19)
毎日の食事記録 大公開! (453)
低血糖症、食育、食事バランスガイド、フードマイレージ (15)
ワークライフバランスやテレワーク (24)

最新記事

★すべての記事はコチラから★

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。