上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
★オススメ記事カテゴリ★
◆TVオンエア!! 2010年1月13日(水)KSB瀬戸内海放送「KSBスーパーJチャンネル」内の「今日の特集」でハートバードの活動が紹介されました。→ママ込みのTV取材
2009年12月10日「株式会社ハートバード」「非営利団体 心の鳥」を「倉敷市くらしきベンチャーオフィス」にて設立しました。→オフィス開き&会社設立記念パーティ

--年--月--日(--)    [カテゴリ: スポンサー広告]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング
2009年05月16日(土)    [カテゴリ: 東京と岡山]

根っからの倉敷地元民「ネイティブ倉敷人」が知らない『ネイティブ倉敷』 ~「倉敷お得deクーポン」と「倉敷パスポート」の改善提案~

昨日(5/15)のブログ「ちょっとマズいよ、損した「倉敷お得deクーポン」」で、
   大原美術館も含まれている割引クーポンの存在を、大原美術館関係者でさえ知らない
と書いた。
今日も、その続きとなる話。

●美観地区近隣の商店さえ存在を知らない地元クーポン



親戚の店が、美観地区にほど近い商店街にあって、昨日、帰りがけにママと寄った。
老舗という表現が適切かどうかはわからないけど、いわゆる昔からあるお店。
店主も店員さんたちも、ご年配だ。

そこで、私は美観地区であった出来事を話し、購入した「倉敷お得deクーポン」を見せた。
すると、有隣荘の受付の方々と、同じような反応。

  「こんなクーポンがあるなんて、初めて知ったわ。
   今まで、ぜんぜん知らなかった。聞いたことも見たこともない。    
   あら、あそこのお店が入っている。
   でも、近所のお店もご近所さんも、ほとんど知らないと思う。
   地元に全く知られていない地元のクーポンなんて、何かおかしい。
   クーポンをやるのなら、もっと宣伝すればいいのに。


●ネイティブ倉敷人が全く知らない『「ネイティブ倉敷」倉敷パスポート』



「ネイティブ倉敷」倉敷パスポート会員カード「じゃあ、これは?」と私は、店員さんたちに1枚のカードを見せた。

     「ネイティブ倉敷」倉敷パスポートの会員カード → →

  「これも見たことない。初めて。
   このカード、どこが発行してるの?
   ネイティブ倉敷なんて言葉も聞いたことがない。


「ネイティブ倉敷」のWebページには、
   地元民(ネイティブ)の力を原動力(地域力)として、観光の総合産業化を目指すプロジェクト
と記されている。

でも、地元倉敷で育ち、地元の店に長く勤めている、いわばネイティブ倉敷人の店員さんたちが、これを知らない。カードを裏返して
  「えっ、倉敷商工会議所がやっているの?
と驚いていた。

入手方法なども尋ねられたので、ネットでやっている無料の「倉敷検定」を受けて、合格すればパスポート引き換え画面が出るから、それをプリンタで印刷して、引き替え場所に持って行けばもらえることなどを話した。

私の実家は古くからの住宅街にあるので、周りは皆、ネイティブ倉敷人。
だけど、ご近所さん等何人かに尋ねてみたけれど、誰一人として知っている人はいなかった
でも、一般の人々は知らなくても仕方ないかな、とは思うけど、商業者が知らないのは問題。

●観光客にも不親切な「倉敷お得deクーポン」&「倉敷パスポート」



実際に「倉敷お得deクーポン」や「倉敷パスポート」を使おうとした時、どこで使えるのかが、とてもわかりにくい
お店や観光スポットでの掲示がないのか?
いや、非常にわかりにくい場所へ掲示されていて、見つけられないのだ。
掲示のない店もあるかもしれない。

◆「倉敷お得deクーポン」が使える所の見つけやすさは、○~△

「倉敷お得deクーポン」はクーポンが綴られているクーポンマガジンに、地図が付いているので、地図を頼りに見つけることができる。
使える店では、店の外から見える位置に、クーポンマガジンと同じデザインで、使える店である旨の掲示をしている所も多かった。

でも、天気がよい日は、ガラスが反射して、店の中の掲示は見えにくいんだよね。
客側がかなり注視しないと、通り過ぎちゃうよ。

「倉敷お得deクーポンマガジン」については、ぜひ、以下のように改良を望む。

 ・A4サイズではなく、A5以下のサイズに
   A4サイズだと大きすぎて、持ち歩くにも、鞄に入れるにも困ってしまう。
   大きな鞄でないと、そのまま入らないのだから。
   普通、観光する時に、そんな大きなバッグ下げて歩かないよ。
   リュックを背負うか、手持ちバッグなら、もっと小さいもの。
   バッグに入らないので、2つ折りにしたら、クーポン切り離しの切れ込みがあるから、あっという間
   に破れてしまった


「倉敷お得deクーポンマガジン」の地図(一部) ・地図は交差点に目印を記載して

    実際の「倉敷お得deクーポンマガジン」地図の一部分 →

   ほとんどの交差点に何の記載もない。
   普通、見知らぬ場所を歩くとき、交差点に何があるかを
   地図と見比べて、自分が今どこにいるかを確認する。
   縮尺なんかも書いていないから、距離感もつかめない。
   初めてこの地を訪れる観光客を対象としているのだから、
   もう少しわかりやすい目印が必要。
   地元の人が教えるときだって、例えば「中国銀行のある角
   を曲がって」と言う。
   だけど、その目印が記されていないと、尋ねた方もどこで
   曲がればいいか、わからないし、目的地に行きづらい。

◆「倉敷パスポート」が使える所の見つけやすさは、×

「倉敷パスポート」のWebページによれば、利用できる場所にはが置かれているらしい。
私は、普通に歩いていて、外からは全く見つけられなかった。一部、店内に入ってみたけど、それでもわからない所が多い。
こういうものを持って観光するとき、最初からある程度「特典がある店に行こう!」と思って歩くのだけど、これでは全く見つけられない。
宝探しじゃないのだから、客側が必死で見つけなくてはいけないのは、おかしな話。普通に歩いていたら、ちゃんとわかる程度の掲示が必要

また、「倉敷パスポート」のWebページは、ぜひ、以下のように改良を望む。

 ・使える場所一覧をどうやってプリントアウトするかの説明を
   Webに「パスポートが利用できる加盟店・協賛企業の一覧・最新のお得情報一覧をプリントアウトし
   てご活用ください」とあるけれど、今の形式では、印刷方法がわからない人、多いよ。
   プリントアウトのやり方なんて、たった2~3行書けば済むことなんだから。

 ・利用場所が一覧できる地図を
   一覧から個別のお店の「詳細」リンクをクリックすれば、地図が表示されるけど、あまりに面倒。
   その地図だってGoogleマップなんだから、それであれば、一覧もGoogleマップで作ればいい
   に。わずかな手間を惜しむと、利用者にとっては、それ以上に不親切なものになってしまう。

●ぜひ、利用者と地元民の視点を



こういう書き方は大変失礼だと思うけど、
  「企画しました。作りました。実施してます。」
で終わっていないだろうか?

たくさんの方々に利用され、観光客(や地元民)に喜ばれてこそ、意義がある。

私は実際に利用して、強く感じたのは、
  この企画(プロジェクト)に関わっている人々は、
  利用者の立場で一度でも検証しているのか?

ということ。

もう、そうであれば、昨日と今日のブログに記した、いくつかのことは、既に解決なり、改善されているはず。

前述の店員さんたちも、こう言っていた。

  「店に来るお客さんから、観光地の場所や『どこで食べるといい?』と、よく尋ねられる。
   そんなときに、クーポンなんかのことを知っていれば、ぜひ教えてあげるのに。
   入場料が100円割引になるだけでも、それを知ってお客さんは喜ぶし、
   お客さんに喜んでもらえれば、『倉敷は良い所だな、来て良かった』と思ってくれるから、
   次に続く。うちとしても、そういう案内がサービス向上につながるのだから。


全くその通り。店構えを直したりするハードの修理は難しくても、こういう人的サービスであれば、いつでもすぐに実行可能
この店は、クーポンにもパスポートにも加盟していないけど、自店が加盟していなくとも、宣伝はできる。それも「地元のお店が推薦」は、観光客にとって信頼できる強力な情報源となる。

もっともっと、地元民(ネイティブ倉敷人)への告知も必要。
もし、告知しているのであれば、その告知方法に何らかの問題があるのだと思う。



こんなことを書くのは、自分が生まれ育ち、そして今また暮らしている、愛着ある地元・倉敷が、もっとステキになってほしいと願っているから。
関連記事


クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:倉敷 - ジャンル:地域情報

コメント

倉敷商工会議所にも伝えたらよいと思いました。

すでに連絡済みだったらすみません。

せっかくの改善提案ですから、倉敷商工会議所にも直接連絡してあげたほうがよいと思いました。

書くだけじゃなくて、直接伝えないとせっかくの気持ちが伝わりませんよ。

観光客としての観想ですが…

こんにちは!
先日はご心配いただいてありがとうございますm(__)m
元気にしています!
以前倉敷に行った時も友人が持っていたチラシに「ガラスの作品展がある」と書いてあったので、主催:倉敷商工会議所だったのを、間違って商工会議所に行ってしまったのですが、そこでいくら聞いてもどこでやってるのか不明!
第一チラシもどこが会場なのかとっても分かりにくい文面。
結局美観地区のあちこちのお店に分散されてると後でわかりましたが…
いくら場所が違っても普通主催者の所へ行けば分かると思いませんか?
今日のお話といい企画倒れでは?
とっても不親切に思ったのを思いだしました。

Re: 倉敷商工会議所にも伝えたらよいと思いました。

きょんさん

はじめまして。コメント&ご提案、ありがとうございます。
お返事がとても遅くなって、失礼しました。

> せっかくの改善提案ですから、倉敷商工会議所にも直接連絡してあげたほうがよいと思いました。
>
> 書くだけじゃなくて、直接伝えないとせっかくの気持ちが伝わりませんよ。

今週明けに商工会議所にメールにて連絡しましたが、残念ながら、今日までに何の音沙汰もありません。
クーポンをやっている所からは「後ほど読みます」と連絡いただきました。
その他、市議会議員をしている友人にも連絡しました。

Re: 観光客としての観想ですが…

ナナか~さん、こんにちは。お元気になられて、何よりです。
お返事大変遅くなって、すみません。

> 第一チラシもどこが会場なのかとっても分かりにくい文面。
> 結局美観地区のあちこちのお店に分散されてると後でわかりましたが…
> いくら場所が違っても普通主催者の所へ行けば分かると思いませんか?
> 今日のお話といい企画倒れでは?
> とっても不親切に思ったのを思いだしました。

せっかく倉敷にお越しいただいたのに、こんなことがあったのですね!
ナナか~さんのお話を聞いて、私も腹立たしい&残念な気分になりました。
企画倒れと言われても、仕方ないですね。
もうちょっと、関係者間で連絡が取れていれば、ガラス展の時も、今回のことも、楽しい気分で観光できたかもしれないのに。

地元のニュース等で、「観光客を呼び込むためにあれこれやってる」という旨のことが、よく報道されているのですが、お金を使った企画を考えるよりも、足元を固めた方が、だんぜん良い結果につながると思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://worklifebalance825.blog32.fc2.com/tb.php/640-ae864d8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

kiyomi

Author:kiyomi
認知症の母(要介護4)の介護で、4年半前から東京(自宅)~岡山(実家)を往復するも、心身共に疲れ果て、ついに2010年7月月末、経営していた会社の東京オフィスを閉鎖し、地元に一元化。
この経験から、もっと介護情報を流通できれば、もう少し介護生活を楽にできるのではないかと、2009年12月、倉敷市くらしきベンチャーオフィスにて、株式会社ハートバードを設立。2010/2/5、岡山県の介護・シニア・福祉情報ポータルサイト「介護ん!」運営をスタート。2012年3月、NPO法人介護ん設立。
性格は、良くも悪くも、呑気、楽天家、マイペース。趣味は草花を見て歩くこと。
ブログ開設:2008年7月4日
(開設理由はコチラ)

メールはこちらから

kiyomiのつぶやき(Twitter)

 

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。クリック応援お願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング

検索フォーム

カテゴリ

ママと私の日常 (580)
在宅介護のいきさつ、家族のこと (19)
仕事のこと (71)
東京と岡山 (19)
毎日の食事記録 大公開! (453)
低血糖症、食育、食事バランスガイド、フードマイレージ (15)
ワークライフバランスやテレワーク (24)

最新記事

★すべての記事はコチラから★

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。