上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
★オススメ記事カテゴリ★
◆TVオンエア!! 2010年1月13日(水)KSB瀬戸内海放送「KSBスーパーJチャンネル」内の「今日の特集」でハートバードの活動が紹介されました。→ママ込みのTV取材
2009年12月10日「株式会社ハートバード」「非営利団体 心の鳥」を「倉敷市くらしきベンチャーオフィス」にて設立しました。→オフィス開き&会社設立記念パーティ

--年--月--日(--)    [カテゴリ: スポンサー広告]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング
2009年01月24日(土)    [カテゴリ: ママと私の日常]

介護は生活にも人生設計にもない?(その1)

私自身、実家でママの介護を始めるまで、
介護とは、いつかはやって来るかもしれない、遠いぼんやりとしたものだった。
もし、それを「将来」と呼ぶなら、あまり来てほしくない将来とでも言うべきか。

このブログの初めての記事にも書いたように、父は脳梗塞で右半身が不自由な状態で、ママの認知症は次第に進んでいる状況であったにも関わらず、介護とは、私にとって、あまりイメージできるものではなかった。

介護する私自身との断絶



私が実家でママと暮らしている時、過去から現在に続く東京の生活は、しごく普通に現実のものとして捉えられる。
でも、私が東京に戻っている時、2日も経つと、岡山の実家生活を、夢の中の出来事か、もしくは、異世界に行って来たみたいな感覚になる。

東京に戻った日の夜、毎回ほとんど例外なく、ママの介護で困ったり、悩んだりする夢を見る。ハッとして、何度か夜中に目が覚める。実家での毎日を、そのまま引きずっている。
が、次の日の夜からは、そういう夢を見ない。そして、実家での生活を、現実のものと捉えられなくなってしまう。隔世の感とでも言うべきか、うまく言葉で言い表せないのだけど、私の中で、断絶を感じる。
岡山と東京、という地理の差が、余計に拍車をかける。

介護する人と、したことがない人との断絶



私自身の中だけでなく、介護したことがない人との断絶も感じている。
自分で心の壁を作っているだけかもしれないが、やはり生活の断絶を感じてしまう。

●介護雑誌はどこにある?



もうだいぶ前からだが、常々、不思議に思っていることがある。

本屋さんに行けば、必ず雑誌コーナーがある。コンビニエンスストアにもある。
その雑誌コーナーには、所狭しと数々の雑誌がこれでもか!というほどに並んでいる。

ファッション、ビジネス、経済、スポーツ、レジャー、趣味、暮らし、結婚、育児、等々。

雑誌コーナーの中で、育児コーナーやブライダルコーナーはあっても、介護コーナーはない。
そもそも、雑誌コーナーで、介護雑誌を見かけたことがない

私と同じく、家族を介護している人はとても多いはずなのに。
そして、少子高齢化が進む日本では、益々介護する人が増えているはずなのに。

この話を夫にしたら、
   ・介護は暗いイメージ。
    子育てなんかと違って、明るさや希望がないから、雑誌が作りにくい。
    「これから」のものではなく、「終わっていく」ものだから。
   ・介護雑誌を作っても採算が合わない。
    ファッション誌やブライダル誌のような広告掲載が難しそう。
というような答えが返ってきた。

私も、介護を一括りにするのは難しく、病気やけがの種類、その状態によって千差万別で、雑誌を作る上での共通項を見つけるのは困難だと思う。



なぜ、断絶の話が、いきなり介護雑誌を見かけない、という話になったかは、また明日
この疑問を、他の方々にもぶつけてみることによって、私が感じた断絶の正体が見えて来た。
関連記事


クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:認知症の介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

コメント

モブ・ノリオ「介護入門」2004年の芥川賞受賞作があります。

わたしはじいさんがぼけてたいへんだったのが高校3年のときだったのでいろいろいやな思い出はあります。

新村宅「痴呆老人の歴史」法政大学出版局によると江戸時代からの老人の痴呆問題の実情は現在もかわっていないようです。

パオロ・マッツァリーノは赤ちゃんポストができたときに老人ポストを提案しています「日本列島プチ改造論」大和書房2009年

「介護入門」 ・・・

岡本哲さん、
「介護入門」などの紹介、ありがとうございました。

そういえば、1年以上前に、この「介護入門」の本のことを初めて知ったのですが、完全に忘却の彼方にありました。
2004年当時といえば、私にとって介護は遠いぼんやりしたものであり、芥川賞受賞のニュースは全く記憶に残っていませんでした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://worklifebalance825.blog32.fc2.com/tb.php/449-99b20497
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

kiyomi

Author:kiyomi
認知症の母(要介護4)の介護で、4年半前から東京(自宅)~岡山(実家)を往復するも、心身共に疲れ果て、ついに2010年7月月末、経営していた会社の東京オフィスを閉鎖し、地元に一元化。
この経験から、もっと介護情報を流通できれば、もう少し介護生活を楽にできるのではないかと、2009年12月、倉敷市くらしきベンチャーオフィスにて、株式会社ハートバードを設立。2010/2/5、岡山県の介護・シニア・福祉情報ポータルサイト「介護ん!」運営をスタート。2012年3月、NPO法人介護ん設立。
性格は、良くも悪くも、呑気、楽天家、マイペース。趣味は草花を見て歩くこと。
ブログ開設:2008年7月4日
(開設理由はコチラ)

メールはこちらから

kiyomiのつぶやき(Twitter)

 

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。クリック応援お願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング

検索フォーム

カテゴリ

ママと私の日常 (580)
在宅介護のいきさつ、家族のこと (19)
仕事のこと (71)
東京と岡山 (19)
毎日の食事記録 大公開! (453)
低血糖症、食育、食事バランスガイド、フードマイレージ (15)
ワークライフバランスやテレワーク (24)

最新記事

★すべての記事はコチラから★

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。