上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
★オススメ記事カテゴリ★
◆TVオンエア!! 2010年1月13日(水)KSB瀬戸内海放送「KSBスーパーJチャンネル」内の「今日の特集」でハートバードの活動が紹介されました。→ママ込みのTV取材
2009年12月10日「株式会社ハートバード」「非営利団体 心の鳥」を「倉敷市くらしきベンチャーオフィス」にて設立しました。→オフィス開き&会社設立記念パーティ

--年--月--日(--)    [カテゴリ: スポンサー広告]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング
2009年01月17日(土)    [カテゴリ: 在宅介護のいきさつ、家族のこと]

訪問介護の利用者都合キャンセルへのペナルティ

4月から介護報酬が3%のプラス改定となる。初めてのプラス改訂だ。

この改訂に際し、今、朝日新聞の「歩く」コーナーでは、
   「介護報酬が上がっても
というテーマが連載されている。

運営安定には足りぬ「3%増」」 と題された、1/14の記事に
   「能力的には月150万円を売り上げられる態勢だが、訪問介護利用者側のキャンセルなどで
    利用回数の変動が激しい。

とあった。

●心苦しかったキャンセル



一昨年9~12月の3ヶ月程度、訪問介護サービスを利用した。
しかし、利用期間の後半、特に最後の1ヶ月は、何度もキャンセルしてしまった。

キャンセルすることで、ホームヘルパーさんの給料も減るから、それはとても心苦しい
しかし、ママのヘルパーさんへの拒否反応は、日々強まるばかりで、ママは荒れ、私も疲れが溜まった。
ママの具合を見ながら、前日、もしくは2日前に
   「大変申し訳ございませんが、次回のサービスはキャンセルとさせてください。」
という電話を何回かかけざるを得なかった。

(ママが訪問介護を嫌がるようになった理由については、以前のブログ「ホームヘルパーと利用者とは、嫁姑の関係に似ている?」、「相性だけでなく、「お世話してあげる」態度への拒否ではないか?」、「ごめんね、ママ。くみ取れなかったママの意向」 をご覧ください。) 

訪問介護サービスのキャンセル料は、
   ・前日までのキャンセル・・・一切なし
   ・当日のキャンセル・・・100%
だった。

ほとんどの場合、前日までにキャンセルを入れていたので、料金を払う必要は無かったが、本当に心苦しかった

●訪問介護サービスを止める、踏ん切りがついた一言



ママの様子、そして私の精神的負担から、訪問介護サービスを止めようかと思いつつも、当時、なかなか踏ん切りがつかなかった。
なぜなら、私が東京にいる間、ママの介護(世話)をしてくれる人が必要だったから。
訪問介護サービスを止めることは、私がほとんど東京に帰れなくなってしまうと思った。

しかし、あの日、実質的に訪問介護サービスの最終日となった日、東京から自宅に戻ってきたばかりの私とヘルパーさんとで、ちょっといさかいがあった。
いさかい、というほどではない。疲れて帰ってきた私は、ヘルパーさんの言葉に棘(とげ)を感じ、私の言葉もきつい調子になってしまった。

そして、ヘルパーさんから出た言葉。

   「キャンセルばかりして、あなたは社会人なのに、それが迷惑
    だってことが、どうしてわからないの?


わかってる。だから、とても苦しい。
でも、キャンセルしているのはこちらだし、言われて当然だとも思った。私は
   「本当に申し訳ございません。」
とだけ言った。
ここで私が言い訳をすれば、さらにヘルパーさんと私とはヒートアップしただろうから。

結局、この一言で、私は踏ん切りが付いた。

●キャンセル料があった方が、いっそ使い易い



私はキャンセルをしたくってしたわけではない。
しかし、キャンセルはキャンセル。
キャンセルによって、ヘルパーさんは直接の不利益を被る

それならば、利用者都合のキャンセルには、もう少し厳しいキャンセル規程があった方が、
結局、「どうすれば、キャンセルを少なくできるか」に、お互いがもっと向き合うと思う。


うちの場合、サービス利用中に、私から介護事業者に相談をしなかったし、
介護事業者からもキャンセルが増えた理由を一度も尋ねては来なかったから。

お金が絡めば、関係者が真剣に考えるようになり、少しでも、良い方向に行くのではないだろうか。



今後また、訪問介護サービスを利用したいと思っても、キャンセルが心苦しくて、今のままでは使えそうにない。
もし、キャンセルをすることがあっても、キャンセル料をきちんと払えた方が、心の負担は少し減り、私にとっては使い易いサービスとなるはず。
関連記事


クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:認知症の介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは~

介護の問題っていろいろあるんですね。確かにお母様が、『御世話をしてあげる態度』への反発を感じられるのは良くわかる気がします。ちょっと違うかもしれませんが、人は同情だけはされたくないと言いますからね。自尊心をつぶそうとするような態度は許せませんよね。でもがんばっていらっしゃいますね。介護の問題はおそらくほとんどの人が多かれ少なかれ経験しなければならないことだし、どんどん、こういったプログでも声を上げていただければ、少しでも良くなって皆が少し幸せになれると思います。がんばってください。

Re: こんばんは~

てんてんまるどんさん、はじめまして。
コメント、ありがとうございます。励みになります。

> 自尊心をつぶそうとするような態度は許せませんよね。
本当にそうなんです。でも、介護の現場だけではなく、一般の仕事の場やいろんな所で、本人は意識なく、他人の自尊心を傷つけてしまうことは多いと思うのです。私もそういうことを、無意識のうちに何度もやっているかもしれないので、自分自身も反省しきりです。

> 介護の問題はおそらくほとんどの人が多かれ少なかれ経験しなければならないことだし
団塊の世代が70代に突入するあたりから、爆発的に介護が社会問題化されてくると思います。
今でも十分に社会問題化はしていますが、それでもまだまだ「一部の人のこと」と考えている人の方が圧倒的ではないでしょうか。私も2年前までは、そうでした。
今は介護についても、自分でできることを、少しずつやっていきたいと思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://worklifebalance825.blog32.fc2.com/tb.php/434-c16da405
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

kiyomi

Author:kiyomi
認知症の母(要介護4)の介護で、4年半前から東京(自宅)~岡山(実家)を往復するも、心身共に疲れ果て、ついに2010年7月月末、経営していた会社の東京オフィスを閉鎖し、地元に一元化。
この経験から、もっと介護情報を流通できれば、もう少し介護生活を楽にできるのではないかと、2009年12月、倉敷市くらしきベンチャーオフィスにて、株式会社ハートバードを設立。2010/2/5、岡山県の介護・シニア・福祉情報ポータルサイト「介護ん!」運営をスタート。2012年3月、NPO法人介護ん設立。
性格は、良くも悪くも、呑気、楽天家、マイペース。趣味は草花を見て歩くこと。
ブログ開設:2008年7月4日
(開設理由はコチラ)

メールはこちらから

kiyomiのつぶやき(Twitter)

 

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。クリック応援お願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング

検索フォーム

カテゴリ

ママと私の日常 (580)
在宅介護のいきさつ、家族のこと (19)
仕事のこと (71)
東京と岡山 (19)
毎日の食事記録 大公開! (453)
低血糖症、食育、食事バランスガイド、フードマイレージ (15)
ワークライフバランスやテレワーク (24)

最新記事

★すべての記事はコチラから★

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。