FC2ブログ
★オススメ記事カテゴリ★
◆TVオンエア!! 2010年1月13日(水)KSB瀬戸内海放送「KSBスーパーJチャンネル」内の「今日の特集」でハートバードの活動が紹介されました。→ママ込みのTV取材
2009年12月10日「株式会社ハートバード」「非営利団体 心の鳥」を「倉敷市くらしきベンチャーオフィス」にて設立しました。→オフィス開き&会社設立記念パーティ

2008年07月18日(金)    [カテゴリ: ママと私の日常]

ママの重要任務

ママには、私の会社の重要な仕事を手伝ってもらっている。
それは、郵便物の投函業務だ。

認知症=何もできない人? それ、違うよ!



ママは、人の役に立てることをするのが大好きだ。

程度の差こそあれ、だれにでもそういう気持ちはある。
反対に「社会のだれも、私を必要としていない」と感じると、とても寂しく孤独になる。

それは認知症になっても、同じはずだ。

だけど、残念ながら、世間では 「認知症 = 何もできない人」 という認識が強い、と私は感じる。
そして、哀れみの目で見る。何もやらせない、何も頼まないのが良いことだと考える。

でも、そうじゃない!!
どこかで「認知症という個性」と聞いたことがあるが、私もそう思う。

●ママの「役立ちたい」気持ちを形に



ある日、私が仕事をしていたら、ママが 「何か手伝ってあげようか?」 と言う。

「何も手伝ってもらう事なんてないよ。」と答えるのはカンタンだが、
  ・ママの志を立てつつ、
  ・私自身にとっても楽できる
ようになることはないかと、考えてみた。

思いついたのが、郵便物をポストに入れてもらう 仕事だった。
これが本当にできるれば、お互いにとってメリットがある。

●投函業務は重要任務



私は在宅で、会社の経理業務をやっている。
もともと小さい会社なので、請求書や見積書などは、私自身が発行している。

東京にいた頃は、それらの送付はほとんどスタッフにお願いしていた。
ポストへの投函であったり、取引先の方に直接手渡したり、と。

たった、これだけのことだけど、実はとても重要な業務だ。
例えば請求書であれば、それが滞りなく相手に届かなければ入金してもらえない。
以前、スタッフが鞄に入れたまま忘れてしまい、入金が遅れるという失敗もあった。(それ以降、そのようなことがないよう、確認体制を強化したのは、言うまでもない。)

●信頼して任せる



その重要任務をママに任せようとするのだから、私自身、多少の躊躇もあった。
しかし、
  ・ママは、歩いて2分の近所の郵便局へは迷うことなく行ける、という事実
  ・手に郵便物を持っていて、かつ、数分以内である、という状況から、
   ポストに投函するという目的を忘れないであろう
と考え、まずは1度、頼んでみた。

スタッフに初めてお願いする時と同じように、それがとても重要な業務だということも話した。

そして、こっそりママを尾行した。
もしも、のこともあるし・・・。

が、心配は無用だった。無事、投函して戻ってきた。

2度目は3通頼んだ。
渡すときに、ママに「全部で何通?」と尋ね、「3通」と答えさせてから、見送った。
この時も尾行したが、ママはきちんと任務を果たした。

そして、戻ってきたママに「ありがとう。ところで何通入れてくれた?」と尋ねると、
ママは「3通。ポストに入れるなんて、お安いご用だよ。」と 何となくうれしそう

とにかく、ママを信用して任せることにした。

●事故を防ぐために自己ルールを課す



そうして、ママに投函業務を任せられるようになったが、油断は禁物

ある日、ママに投函をお願いしたっきり、私は仕事に熱中していた、
ハッと気づくと、もう30分も経っている。なのにママは帰って来ない。

慌ててママを迎えに(探しに)行った。すぐにママは見つかった。
郵便局のすぐ近くで、知り合いのおばあさんと話している。手には郵便物がなかったので、ポストに投函した後におばあさんと会ったのだろう。

私はおばあさんに挨拶し、念のため、ママがどちらの方向から歩いてきたかを尋ねた。たまたま、そのおばあさんはママが投函するところを見ていたらしく、私もほっとした。

この時も結果的には、心配するようなことはなかったけど、万が一の事故を防ぐため、それ以降は、

   ママを送り出した後、タイマーを10分後にセット

する自己ルールを作って、実行している。

10分以内にママが帰ってくれば、タイマーはリセット。
もしタイマーが鳴れば、すぐに迎えに行く。

その後、2,3度タイマーが鳴ることがあったが、いずれも投函後の井戸端会議だった。

そして、今日もママはポストに行ってくれる。
関連記事


クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:認知症の介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

コメント

同じです

kiyomiさん、いつも愛情たっぷりに接していらっしゃる様子に、感銘を受けながら読んでいます。
私の父も軽度の認知症です。家の用事を頼んでも嫌がるので、私も、郵便局に切手やハガキを買いに行ってもらったり、メール便の集配に応対してもらっています。
切手やハガキの図柄を印刷して印をつけて、部数や「領収書」など依頼内容を全部大きく書いて、窓口で見せればいいようにして。
予想外のことが起こって、毎回毎回その場の判断が求められて、こちらが鍛えられますね。

まこさん、コメントありがとうございます。
まこさんもお父様のことで、いろいろ工夫されてらっしゃるのですね。

鍛えられる ・・・ おっしゃる通りです。こういう判断を養うのは、仕事だから、介護だから、じゃなくって、生活していく上で必要不可欠な技術(?)だと思いました。

まこさん、お体の調子が少し悪いとのこと。とても暑くなってしまったし、ご無理をせず、・・・でも、がんばってください。多くの方々がまこさんの笑顔を待ってます。 

7月19日から夏休みのラジオ体操がはじまっています。
 規則ただしい生活のためにでてみてはいかがでしょうか。

うちの方では今日からラジオ体操です。

東京では年中、あちこちの公園や広場でラジオ体操をやっているのですが、考えてみれば、岡山は夏休みだけですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://worklifebalance825.blog32.fc2.com/tb.php/24-b739993e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

kiyomi

Author:kiyomi
認知症の母(要介護4)の介護で、4年半前から東京(自宅)~岡山(実家)を往復するも、心身共に疲れ果て、ついに2010年7月月末、経営していた会社の東京オフィスを閉鎖し、地元に一元化。
この経験から、もっと介護情報を流通できれば、もう少し介護生活を楽にできるのではないかと、2009年12月、倉敷市くらしきベンチャーオフィスにて、株式会社ハートバードを設立。2010/2/5、岡山県の介護・シニア・福祉情報ポータルサイト「介護ん!」運営をスタート。2012年3月、NPO法人介護ん設立。
性格は、良くも悪くも、呑気、楽天家、マイペース。趣味は草花を見て歩くこと。
ブログ開設:2008年7月4日
(開設理由はコチラ)

メールはこちらから

kiyomiのつぶやき(Twitter)

 

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。クリック応援お願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング

検索フォーム

カテゴリ

ママと私の日常 (580)
在宅介護のいきさつ、家族のこと (19)
仕事のこと (71)
東京と岡山 (19)
毎日の食事記録 大公開! (453)
低血糖症、食育、食事バランスガイド、フードマイレージ (15)
ワークライフバランスやテレワーク (24)

最新記事

★すべての記事はコチラから★

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード