上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
★オススメ記事カテゴリ★
◆TVオンエア!! 2010年1月13日(水)KSB瀬戸内海放送「KSBスーパーJチャンネル」内の「今日の特集」でハートバードの活動が紹介されました。→ママ込みのTV取材
2009年12月10日「株式会社ハートバード」「非営利団体 心の鳥」を「倉敷市くらしきベンチャーオフィス」にて設立しました。→オフィス開き&会社設立記念パーティ

--年--月--日(--)    [カテゴリ: スポンサー広告]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング
2010年03月25日(木)    [カテゴリ: ママと私の日常]

なぜ「認知症」を「にんち」と略すのか?

ずーーーーーーーーーううううっと、気になっている言葉がある。

   にんち

認知症」を略した「にんち」

なぜ、わざわざ略すのか?
「症」をつける、という、たったそれだけのことが、そんなに面倒なのか?
私には、どうしてもわからない。

実は、昨夜、Twitterにこのことを書いたら、何人かが意見を寄せてくださった。
だから、ブログでも問題提起したいと思う。


●略すと全く別の意味になる「にんち」



認知」を辞書で引いてみる。 (出典:「大辞泉」)

  1.ある事柄をはっきりと認めること。
  2.婚姻関係にない男女の間に生まれた子について、その父または母が自分の子であると認め、
    法律上の親子関係を発生させること。
  3.心理学で、知識を得る働き、すなわち知覚・記憶・推論・問題解決などの知的活動を総称する。

 
次に「認知症」を同じ辞書で引いてみる。

  成人後に、脳に損傷を受けることによって認知機能が低下する状態。脳血管障害、脳外傷、
  変性疾患、アルコール中毒などが原因で起こる。原因疾患からアルツハイマー型認知症
  脳血管性認知症、レピー小体型認知症などに分類される。


やはり、言葉は正しくつかってほしい
略した時、全く異なる意味を持つ言葉になるのであれば、それは正しい使い方ではない。
私はこれだけでも、かなりの気色悪さを感じてしまう。

  「にんちの人
  「にんちが入っている

これらを正しく訳すと、一体どうなるんだろう?


●「にんち」という言葉に差別を感じる



今度は気持ちの問題かもしれないけど、私は、どうしても「にんち」という言い方に差別蔑みを感じてしまう。

使い方が正しくないのに加え、差別を感じるから、余計、私は「にんち」という言葉を気にするのだろう。

なぜ、差別を感じるかと言えば、略した言葉が差別的に使われている、という経験を今までもしてきたからだろう。
ずいぶん昔になるけど、

  「やーーい、お前、アルツちゃう?

みたいに、男の子たちが子供どうしで、こう言ってふざけている光景を思い出す。


●「にんち」と略すのは、介護職が圧倒的に多い



あくまでも私の周囲では、という限定だけど、介護職の人々が「にんち」という言葉を使うことが圧倒的に多い

反対に、介護家族の人が「にんち」と言うのを、ほとんど聞いたことがない。私も「認知症」という言葉を使うし、同じく介護家族の友人・知り合いも、やはり「認知症」と略さずに言う。
認知症の人と家族の会」のつどいに参加しても、他の誰かが「にんち」と発言するのを、ほとんど聞いた記憶がない。


介護の専門家だからこそ、きちんとした言葉を率先してつかってほしい



きっと介護職の人に 「なぜ、認知症を『にんち』と略すのか?」 と尋ねても、明確な答えは返ってこないだろう。
「先輩介護職や周りのみんなが『にんち』と言っていたから、単にまねした。」 という程度ではないか。

でも、それはおかしい。 言葉は心の表れ でもある。
介護の専門家だからこそ、もっときちんと考えてほしい。
何も考えずに「にんち」をつかっているとしたら、それは、すごく悲しい

厚生労働省が、せっかく数年前に 「痴呆症」や「痴呆」には蔑視の意がある として 「認知症」に変更したにもかかわらず、こんな使われ方をするのは、結局、現場の意識が変わっていないからではないか、と思わずにはいられない。

それに、私のような介護家族から見れば、介護職は介護の専門家。
その専門家が「にんち」と言えば、私たちも「にんち」と言わなければならないのか? という錯覚を起こしてしまう。



今日のブログを読んでくださった方で、もし、認知症のことを「にんち」と言っているなら、なぜ「にんち」と言うのか、ぜひ今一度、考えてください。
合わせて「にんち」以外にも、不適切な略語はないかも。
私は「アルツ」なども、昔の記憶とあいまって、差別・蔑視を感じてしまいます。

変な略語ではなく、正しくつかってもらいたい、というのが私の願いです。

関連記事


クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:認知症の介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

コメント

簡単なこと

これは簡単なこと

「にんち」だとワンセンテンス、「認知症」だとツーセンテンスになって面倒だから。
PCもみんな「パソコン」といい「パーソナルコンピュータ」と言わないのも同じ。

略しても通じるならばわざわざエネルギーを使ってフルスペルで話さないのが
人の、特に日本人の特性だから。

本来の意味と違うと言う例では「携帯電話」を「ケータイ」と言うのと同じ。
携帯では持ち運ぶことができないと言う意味で、電話の意味はないけれど
「ケータイ」で言葉の前後から電話だなってわかればわざわざ全部言う必要がない
と考えるのと同じ。

略し文化

こんにちは、昨日はご丁寧にリプライありがとうございました。

私も ぬけ さんのコメントに同意するところがあります。
「略すと意味が変化すること」に気づかず・意識せずに「略する」という現代日本の悪しき(一部の)慣習が圧倒的にご指摘の事象をはびこらせていると思います。

逆に捉えますと、「認知」と略している方の殆どが、「意味の変化」に気づかずに使っているということ。
これはむしろ、「略すると意味が変化する」ということに気付きながら略していることよりも深刻であると思います。

そこで、こうして問題提議頂いた事はとても重要であると思います。
お忙しい中、記事にしていただいたことを、家族の介護に直面している同じ立場の人間として感謝いたします。

ご活躍 なによりです。
ぱそこんがいうことを聞かない!
これが一番面白いですね。
ただ、あまり文章を上手くなろうとして、個性を失わないようにして欲しいです。上手くなる=平均化 ともなりえますから。
さて、 にんち 。興味深い問いかけなので初めてお邪魔させてもらいます。
私はアルツハイマーの母を10年近く在宅で看てますが、
アルツの母が アルツの和ちゃん とか誰にでも言いますよ。
差別意識など全くありません。もしかすると、私が判断できないところに差別意識が潜在してるのかもしれませんが、意識の中では全くないですね。
逆に、愛着さえあります。そう言えるまでの戦をしてきましたから。
で、 にんち。 短縮形なのか?
短縮形なら、
訪問看護→訪看
ケアマネジャー→ケアマネ
医療系はもっと短縮が多いですよ。
思うに、認知症は 固有名詞。にんち は形容詞だと理解しますね。
あれ それ 同様に。
ただ、介護職が利用者家族に発したとなると問題だと思います。
あれ それ は、以心伝心に近い関係にあって成立しますから。
それと、認知症に鬱病とか統合失調症が加わっていれば、
介護職間では 精神が混じってる云々とも。
もっとも、私の周囲で にんち と表現しあう介護職をほとんど知りませんけれどね。
家族に向かってなど皆無です。
では、益々のご活躍を!

ぱそこんがいうこと聞かない! 
期待してます。生活感もあって私は面白く読んでます。

私は気にしないことにしています。

実に興味深い話題ですね。twitterでコメントしたいと思いながらもタイミングを逸してしまいました。
この話題、mixiなどでも時々出てきますね。
言葉の定義、日本語学的見方をするなら、やはり「にんち」という表現は正しくありませんし、私自身も「認知症」と正しく表現するように心がけていますが、他人が発言することについては、気にしません。他の方のコメントにもあるように、省略・短縮形として使っていると考えられるからです。
根底の意識についてはまったく別物と考えていいのではありませんか?
例えば「盲人」という言葉、「盲」という文字が差別に繋がるということで、「目の不自由な人」と言い換えられるようになりました。これに関連して「ブラインドタッチ」という言葉も使いづらくなりましたよね。

似たような事例として「障害者」という言葉も問題視されていることをご存じですか?もともとの言葉としては「障碍者」だったのですが、「碍」という字が当用漢字にないために「害」の字が使われるようになったのですが、これを「障がい者」と表記しようという動きもあります。

しかし、言葉狩りなんかしていても意味はないと思うんですよ。どんなに言い換えても差別意識を持ったり、正しく理解していない限り、意味はありません。

そもそも、きちんと認知症を理解している介護職は多くありません。(http://j.mp/8S4oiR)
そして、介護職は専門家でもありません。(http://j.mp/A2lXP)
そこに、問題の本質があると思いますよ。

余談ですが、言葉の変化で面白いのが別れの挨拶で使う「さようなら」です。もともとは「左様なら失礼つかまつる」と挨拶していた言葉の冒頭部「左様なら」だけが、別れの挨拶として定着してしまったそうです。

皆さん、コメントありがとうございます

ぬけさん、ハリー伊藤さんがおっしゃるように、略し言葉を使うのは、全部言うのは「面倒」だから、というのは、よくわかります。
私自身も「ケータイ」「ケアマネさん」「特養」等々、略した言葉をよく使います。

ただ、「何にも考えないで略す」っていうのが、問題だと思うのです。
略していいもの、よくないものがあると思いますし、相手との関係でいい場合、悪い場合もあると思うのです。

西大寺太助さんがおっしゃるように、お母様のことを愛着を持って発するのは私も微笑ましいと思いますが、介護職の方々が介護家族に向かって「にんち」というのが問題なんです。

私の周囲では、ケアマネさん、倉敷市から要介護認定調査でやってくる調査員さん、ホームヘルパーさんから「にんち」という言葉を聞きました。

快互師さんのおっしゃるように介護職は専門家ではないのかもしれませんが、ブログに書かれていたように、少なくとも「プロ」であることには違いありません。だから、やはり介護職の方からは「にんち」という言い回しは聞きたくないです。
介護職の方は、よく「ご利用者様のために~」「ご家族のことを思って~」とおっしゃってくださいますが、それならなおさらです。

何も考えていないから・・・

言葉の省略も出てくるし、間違った言葉遣いも出てくるのでしょうね。

>介護職の方は、よく「ご利用者様のために~」「ご家族のことを思って~」と・・・

私はこの「ご利用者様」という言葉の方が気に掛かります。(^^;)
おそらく、敬語や丁寧語をあまり使ったことのない方々なのでしょう。その辺りの話を先日もブログに書いたばかりなので、これも紹介させて頂きますね。
http://j.mp/bP3AGu

ちなみに、よくレジなどで聞く「1,000円“から”お預かりします」という表現・・・。「私は1,000円?」と突っ込みたくなります。(笑)

Re: 何も考えていないから・・・

あらためて、日本語って難しいなあと思いました。

> 私はこの「ご利用者様」という言葉の方が気に掛かります。(^^;)

これについては、特に気になりませんでした。というのは、施設への取材に対して、職員さんが、特定個人を指すのではなく、利用者さんを一般的に指して言う言葉だからです。

もし私がサービスを利用する時に呼ばれるのだとすれば、「○○様」か「○○さん」のどちらかがいいです。TPOによって、どちらがいいかは異なりますが。
少なくとも、ずっと年下の人から「○○ちゃん」やタメ口は、普通の場合、イヤですねぇ。だけど相当の人間関係ができてからか、もしくは相手によっては、いきなり許せちゃうかもしれないです。


> おそらく、敬語や丁寧語をあまり使ったことのない方々なのでしょう。その辺りの話を先日もブログに書いたばかりなので、これも紹介させて頂きますね。
> http://j.mp/bP3AGu
>
> ちなみに、よくレジなどで聞く「1,000円“から”お預かりします」という表現・・・。「私は1,000円?」と突っ込みたくなります。(笑)

その通り!!! なんでも略して言葉を使えば、相手に対し不快感極まりない。 自分の両親子供兄弟が、そのような呼び方されたら、その略した人だって怒るだろうが! 正規の呼び名を略して使うのは、患者に対し失礼である!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://worklifebalance825.blog32.fc2.com/tb.php/1005-8f6f8cff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

kiyomi

Author:kiyomi
認知症の母(要介護4)の介護で、4年半前から東京(自宅)~岡山(実家)を往復するも、心身共に疲れ果て、ついに2010年7月月末、経営していた会社の東京オフィスを閉鎖し、地元に一元化。
この経験から、もっと介護情報を流通できれば、もう少し介護生活を楽にできるのではないかと、2009年12月、倉敷市くらしきベンチャーオフィスにて、株式会社ハートバードを設立。2010/2/5、岡山県の介護・シニア・福祉情報ポータルサイト「介護ん!」運営をスタート。2012年3月、NPO法人介護ん設立。
性格は、良くも悪くも、呑気、楽天家、マイペース。趣味は草花を見て歩くこと。
ブログ開設:2008年7月4日
(開設理由はコチラ)

メールはこちらから

kiyomiのつぶやき(Twitter)

 

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。クリック応援お願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング

検索フォーム

カテゴリ

ママと私の日常 (580)
在宅介護のいきさつ、家族のこと (19)
仕事のこと (71)
東京と岡山 (19)
毎日の食事記録 大公開! (453)
低血糖症、食育、食事バランスガイド、フードマイレージ (15)
ワークライフバランスやテレワーク (24)

最新記事

★すべての記事はコチラから★

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。