上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
★オススメ記事カテゴリ★
◆TVオンエア!! 2010年1月13日(水)KSB瀬戸内海放送「KSBスーパーJチャンネル」内の「今日の特集」でハートバードの活動が紹介されました。→ママ込みのTV取材
2009年12月10日「株式会社ハートバード」「非営利団体 心の鳥」を「倉敷市くらしきベンチャーオフィス」にて設立しました。→オフィス開き&会社設立記念パーティ

--年--月--日(--)    [カテゴリ: スポンサー広告]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング
2009年11月30日(月)    [カテゴリ: ママと私の日常]

高齢者が喜んで遊ぶには「子供」がポイント ~ママの言葉から~

11/25のブログで、新しい会社の名称 「ハートバード」 は、
  年を取っても、心豊かに、夢や希望を持った暮らしができますように!
という願いを込めたものだと書いた。

だから、そんな気持ちになれること・モノを探している。

●専門店で玩具選び



先週末、東京に戻っていた間に、トイショップAptyの四谷店と中野店を回り、高齢者介護施設で楽しめそうなものを、いくつか買ってみた。

お店の方に用途を告げ、
 ・いかにも子供じみたもの・安っぽいものは、お年寄りのプライドを傷つけるので、そうでないものを
 ・楽しんででき、リハビリ(身体・頭)にもなるものを
という条件で、玩具をピックアップしていただいた。

介護施設と一口に言っても、利用者・入居者の状態も歳もバラバラで大きな開きがあるのはわかっている。
ただ、私の中では 「まずはママが楽しんでくれそうか?」 というのが、玩具選びの基準になっている。
玩具やそれを包んだ箱を手にとってみて、「ママがこれを使って笑顔になっている様子を想像できるか?」どうか。

店員さんは「アクティビティディレクター」などの資格をお持ちのプロ。
遊び方を教えていただいたりしながら、いろいろな玩具に触れ、楽しく買い物ができた。

●ママ、ちょっとゲームやってみようよ



昨夜、東京から戻ってきた私。今月は2度も東京を行き来したけど、認知症のママを独りにさせておく時間が長いと、ママの心はかなり不安定になってしまう。今回もご多分に漏れず。デイサービスでも同じような状態だったらしい。

そういう時は、「お腹が空いた」「何も食べさせてもらっていない」を繰り返す。
ご飯を炊いている間にも、何度も繰り返すので、小さめのみかんを出して食べてもらったが、5分と持たない。

そこで、東京で買ったおもちゃの一つを使ってみることにした。
今日、使ったのはコレ。買ったものの中では、子供じみている方かもしれない。
          ↓ ↓ ↓
お月さまバランスゲームお月さまバランスゲーム
 
エド・インター

商品詳細を見る


お月さまからブロックがこぼれないように積み上げているママルールはカンタン。
サイコロを振って、出た目と同じ色の丸太状のブロックを、お月さまに積み上げていく。ブロックが崩れたら終わり。

私がサイコロを振り、ママがブロックを積み上げる。
反対に、ママがサイコロを振り、私がブロックを積み上げる。
(数人いれば、1つずつ順番に積み上げてもいい。)

ママは自分が積み上げる時、真剣にやっていたし、
私が積み上げている時は、
  「kiyomiちゃん、そっちはダメよ。崩れちゃうよ。
と言いながら、私の様子を見守っている。

●お年寄りと子供をもっと近づけたい



  「 これ、小さな子がいると、もっとおもしろいね。
    子供は、きっと喜ぶよ。


ママが言った。
ママはわかっているんだ。どうすれば、もっとたくさん楽しめるか、を。

それに子供がいれば、同じ遊びをしても、お年寄りから 「子供じみた」 という言葉は出てこないはず。

子供と一緒に遊ぶ。
一見、すごく単純なことだけど、実現はなかなか難しい。

もちろん、こういう試みを積極的にやっている所もある。例えば、老健(介護老人保険施設)の「しょうわ」。
チャイルド・アシステッド・セラピー」と称して、施設内にある職員さん用の託児所の子供たちと、利用者であるお年寄りとが触れ合う。

託児所を持てるのは、それなりの規模がある施設に限られてしまうけど、もっと他の方法でも、同じようなことはできるはず。
どうやったら、実現可能かを考えてみよう。



ママは、ゲームをやっている間、一度も 「お腹空いた」 を言わなかった。
さあ、そろそろご飯が炊けてきた。

スポンサーサイト


クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:認知症の介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

2009年11月29日(日)    [カテゴリ: ママと私の日常]

「このコマを私の骨壺に」 ~折り紙を通じた達成感と喜び~

昨日、千葉県の東葛病院で、義母のお見舞いを兼ね、折り紙講師なるものをやってみた。
もちろん、ボランティア。
2週間前のお見舞いの時、病院側に
  「今度、来るときには、患者さんたちに、折り紙でコマ(独楽)の作り方を教えてみたいのです。
と話したら、あっさりとOKが出たから。

折り紙で作った独楽(コマ)。3枚で1つのコマができる。

●独楽が回った時の感動を、ぜひ他の人にも



10月22日のブログ
  「高齢者の審美眼と介護アクティビティの関係
     ~和紙折り紙とママの笑顔~

で、ママが熱心に折り紙に挑戦する姿を見て、
  「折り紙は、やり方次第で、ご高齢の人々、認知症の人々を、すごく
   楽しくさせるものだ。

と確信した。

少し前、親戚の和紙屋さん(正確には和紙屋ではないかも)で、折り紙で作る独楽を教えていただいた。
3枚の折り紙で1つの独楽を作る。   → → → → → → →

折り紙の独楽が回った!  「折って、組み合わせるだけで、こんなになるんだあ!
と、折り紙にも、この独楽を最初に考案した方にも、素直にスゴイ!
と感じた。

でき上がった時の喜びはひとしお。

そして、回してみる。

  「きゃあ~、回ったぁ! 回った!」  → → → → → → →

本当に回ったので、さらに感動!

この独楽の作り方を教えてくれた店員さんは、私たちの喜ぶ顔を見て、とてもうれしそうにしている。
  「ねっ。いいでしょ? この独楽。おもしろいでしょう?
店員さんも自信満々。

この時から、 「この感動を私も誰かに伝えたい」 と思っていた。

●一時はどうなることかと思ったけど



東葛病院の食堂兼プレイルーム。ここは高齢者病棟。
親切にも、看護師さん(介護福祉士さんか、療法士さんかも)が、折り紙をやってみたいという患者さんを連れて、病室を回り、他の患者さんたちにも声を掛けてくださった。

みんな折り紙に四苦八苦。でも、楽しそう。赤い上着が私。何人か集まったので、スタート。

折り紙は病院で常備しているものを使うのだけど、3色を選ぶところから始まるので、今ある折り紙を広げて、どれを使おうか、熱心に考えている。

そして、折り紙を始める。
まずは、3枚ともに同じ折り方。ここまではすんなりできた。

だけど、折り進めていくうちに、だんだん難しくなる。
スススっーーと折っている方もいるけど、総じて、四苦八苦。
中には、手がご不自由でリハビリ中の方も。

それでも、いつしか患者さん同士が教え合ったり、協力したり、と、一時の連帯が生まれていた。
みんなで、うんうん言いながら作ると、苦労も楽しい。

みんなの作った独楽が回って、私もすごくうれしい。義母(左上)も大喜びしている。40~50分後、みんな、何とか出来上がった。

  「回ったあ。ホントに回ったあ。ああ、うれしい!

喜びを言葉で表す人。無口だけど、顔がほころんでいる人。
何度も何度も、独楽を回す人。

各自、表現は違っても、苦労の後の達成感と、独楽が回った喜びにあふれている。私もうれしい。 → → → → → →

●みんなの喜びや感謝の言葉が、何よりもうれしかった



本当にみんな楽しそうだった。そして、私にこう言ってくださる。

  「こんなにおもしろいのは、久しぶり。
  「楽しかった。本当にありがとう。
  「独楽を作る方が、よっぽどリハビリになるわ。
  「家族に見せます。
  「今後は、孫と一緒に作るとおもしろそう。
  「いやあ、今日は頭の体操になった。
  「手が動くようになったら、もっと、きちんとした独楽を折ってみます。

●無口だけど、うれしそうな笑顔のお婆さんが・・・



後になって、義母が私に教えてくれた。
  「隣でやっていた方、『私の骨壺に、この独楽を入れてもらうようにします。』 って。

私は、この言葉を聞いて、驚きとうれしさがあふれた

その方は、確かに無口だったけど、始終、すごく楽しそうにやっていたし、
  「銀色の折り紙は固かったけど、その分、独楽を回すと、キラキラして、すごく素敵ですね。
私の言葉で、さらに顔がほころんだ。

細すぎるほどの腕。普段は流動食らしい。
1時間もずっと座位を保っているのは、かなり難しい状況だった、と後から聞いた。

でも、その方は、折り紙に集中し、その間、車椅子にきんと座り、満面の笑みを浮かべていた。

その方にとって、今日の折り紙は、すごく楽しかったのだろう。
昔を思い出したのか、折れたことへの達成感かはわからないけれど、きっと、かけがえのない時間だったに違いない。



喜んでもらうこと、感謝されることが、こんなにもうれしいなんて。
私は、昨日、それを体感した。

年を取っても、病気になっても、怪我をしても、生きがいと夢にあふれた社会になりますように。




クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:認知症の介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

2009年11月25日(水)    [カテゴリ: 仕事のこと]

新会社、酉の市でデビュー?

新宿花園神社の酉の市は今年もすごい人混み昨夜、東京に戻ってきたけど、今年の酉の市は、昨日が「二の酉」で最後。
自宅に荷物を置き、ワンコの散歩を済ませ、とにかく酉の市に向かった。
降り出したかと思った雨も止み、一安心。

毎年行く、新宿花園神社の酉の市。
この混み具合を見ると 「もう1年も過ぎたんだ」 と、昨年を思い出し、時の早さを実感。

●昨年と同じ店で



この熊手を買いました今年は浮気せず、昨年と同じお店で熊手を買った。
このお店から、昨年の写真同封で案内が届いたから。
今までも他のお店から案内をいただいたけど、はがきのみ。
写真は初めてだったから、このお店の営業努力に報いようと。
それに、可愛らしい梅飾りの熊手もあったし。

●「ハートバード」でお願いします



  株式会社ハートバード

来月設立予定の会社名。


年を取っても、心豊かに、夢や希望を持った暮らしができますように!
という願いを込めた。
心を意味する「ハート」、大空にはばたく「鳥」は夢や希望の象徴。

熊手にさす名札に「株式会社ハートバード」と書いてもらっただから、熊手には、この新しい会社名を入れてもらった。

まだ、できてもいない会社名。
だから、他人に会社名を書いてもらうのなんて、初めて。

会社名が酉の市デビューするだなんて!
何か縁起いいかも。

もう、後には引けなくなった感じ。
でも、だからこそ、やる気も湧いてくる。

「ここは、世の中の景気なんて、関係ないのでは?」
と思わせるほどの人出。
数十万円かそれ以上しそうな大きな熊手も結構売れ、威勢のいい、掛け声と拍子木の音があちこちから聞こえてくる。

私も、この景気にあやからなくっちゃ。

私に新しい夢と希望を与えてくれた今年に感謝し、
来年は、その夢をいくつか実現できたことに感謝したいな。




クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

2009年11月23日(月)    [カテゴリ: ママと私の日常]

優しさは優しさで返ってくる ~お隣りさんに感謝!~

ママは優しい。 ママはみんなに優しい。
そんなママの性格に気づいたのは、ママが認知症になって、再びママと暮らしはじめてから。
親子なのに、ずっと知らなかった。

昨日もそうだった。
庭仕事の最後に、を取った。

柿の木は、お隣り側へも伸びていて、枝切りばさみで摘んだら、いくつかは、お隣りの庭に落ちていった。
小さめの箱にいっぱいになったところで終了。20~30個くらいかな。

●誰かが喜んでくれるのが、うれしい



小雨も降り始めたので、私はさっさと家に入ろうとしたけど、ママ曰く、
  「柿がいっぱい取れたから、ご近所さんに持って行ってあげよう。
と。私は
  「いいよ、そんなことしなくっても。
と言ったものの、ママが柿を入れる袋を探していたので、結局、ママに適当な大きさの袋を差し出した。

ママは、できるだけきれいな柿を選び、喜々として、いくつかを袋に詰めている。
その袋を持って、さっさと出て行った。私も慌てて、後をついて行く。

ママを見ていると、そこには、損得勘定なんて、まるでない。
誰かに喜んでもらえたら、うれしい。
本当にそれだけで行動しているのが、わかる。

ママのやっていることは、もしかして、おせっかい婆さんかもしれないけど、ママが喜んでやっているなら、別に誰かを傷つけるわけではないので、好きにやらせておけばいい、と私は思っている。

もちろん、ママは数分前の記憶がないので、お隣りさんに行ったときは、
  「柿が、こちらの庭にも落ちてしまったので、それも食べてください。
と、フォローしてだけしておく。

●心温まるお礼状



郵便受けに入っていた、お隣りさんからのお礼状。
ママは声を出して、うれしそうに何度も読んでいた

お隣りさんの柿のお礼状

ほとんど強引に持って行った柿にもかかわらず、ちゃんとママの気持ちを汲んでいただいた。
そして、ママが一番喜ぶ方法をすぐに実践してくださった。

お隣りさんの心遣いと、ママの喜ぶ様子を見て、私もうれしくなった。



優しさは、優しさで返ってくる。
ママは認知症になった今でも、そのことを背中で教えてくれている。

優しさがあふれる世の中でありますように!



クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:認知症の介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

2009年11月22日(日)    [カテゴリ: ママと私の日常]

吉事があると言われる花が落ち葉の下から

この週末、少し時間をかけて庭いじりをした。
せざるを得ない状況になっていたことと、昨年、植え時を逃した球根類を受けたかったから。

●2週間前は豆類とレタスの入れ替え



ママと買った苗など。ポインセチア、グリーンピース、そら豆、リーフレタス、いちご、ノースポール、ムルチコル、ストック2週間前、ママと久しぶりに園芸屋さんに行き、
いくつかの苗を買った。 → → →

植える前に、まずはインゲン豆を、すべて収穫し、抜き取り。実がプリっとなっていたので、その日の夕飯でおかずとして、おいしくいただいた。
9月に植えたサニーレタスは、どれもこれも元気がなくなり、しおれそうだったので、抜き取り。トホホ。

そして、グリーンピース、そら豆、リーフレタス、いちごを植えた。
リーフレタス以外は、初めての栽培。
今までママは 「いちごは栽培が難しい。」 と言っていたのに、その日はなぜか、いちごの苗を妙にほしがるので、買ってみた。
春、果たしていちごができるのか、楽しみ。

●昨日はついにトマトとナスを処分



庭のトマトは、私のためだけのトマト。ママはトマトが嫌いなので、私が独り占め。
いっぱい食べたいから、昨年も今年も数本の苗を買って植えていた。

でも、今年もついに、やって来た。トマトやナスとお別れする時が。
青い実の落果がどんどん増えてきた。
昨年はいつ頃にお別れしたかを調べたら、11月27日。やはり、もう、その時期だった。
昨年のブログでは、「喪失感」 と書いていた。

私は、どうもトマトをきれいに育てられなくて、気がつくと、トマトがジャングル状態になっている。
トマトは生命力が旺盛で、どんどん生い茂り、周辺の植物まで駆逐するほどに。
だから、トマトを抜き去ると、小さな菜園が、ガランとしてしてしまった。

●野菜は、春菊と小松菜を



9月以来、約2ヶ月ぶりの、春菊小松菜の種まき。
これから冬に向かい、ちゃんと芽を出して、育ってくれるかな?

私が蒔いているのを見たママが一言。
  「kiyomiちゃん、蒔き過ぎ。たくさん蒔くと、あとで間引きする量が増えるだけだよ。

それから、2週間前に買った花の苗(ストックノースポール、ムルチコル)をまだ植えていなかったので、それも植えた。
(夏場だったら、2週間もポットのまま放っておくと枯れてしまうけど、今回はよく雨が降り、その雨で枯れずに生きていた。)

という具合で、昨日はこれで終了。

●今年こそ球根を



昨年、チューリップの球根を植えよう、と思いつつ、年が明けてしまい、1月か2月にお店に行ったら、球根なんて、どこにもない。尋ねてみると
  「それは秋に植えるもので、今さら植えても、きちんと育たないから、球根ももう置いていません。」
と。

そんなことがあったので、今度こそ、植えるべき時期に球根を買って植えようと、心に誓っていた。
昨日、庭仕事をした後に、近所のホームセンターに行って、球根を買った。
チューリップ八重咲き水仙クロッカスムスカリ等。

トマトなどを抜き、ガランとした菜園に、球根を植えるママ。向こうでワンコが見物。これで、春の庭はとってもきれいになる!

ママも花が好き。春になって、咲いた花を見て、きっと喜んでくれるはず。
花のある生活は、私も好き。

    最初こそ、せっせと手伝っていたママだけど、 → → →
    「疲れた」と言って、その後は私が庭係。


●落ち葉の中から、サプライズ!



ママが早々と去った庭で、私一人で球根を植えていた。
一通り、植え終わったけど、ついでに庭掃除。
その気になった時にやらないと、次はいつ、その気になるか、わからないから。

この時期は落ち葉がいっぱい。
特に木蓮の葉っぱ。花も大きいけど、葉っぱも大きい。大きな葉で枯れた葉で地面がいっぱい。

落ち葉を除けたら、吉祥草の花が!熊手で落ち葉をかいていると、中からの花が!  → → → →
こ、これは、吉祥草!

思いもかけず、花が出てきたことだけでも、うれしいのに、
吉祥草(キチジョウソウ)だなんて!
花が咲くと吉事が訪れる 、と言われる花。

落ち葉拾いと草むしりで、庭もすこしだけきれいになったし、
その上、吉祥草まで見つかるだなんて!

何か、いいこと、ありそう。



それにしても、どうしてここに吉祥草が生えているんだろう?
買った覚えもないのに。

それで、自分の記録を調べてみた。
5月2日に、Mさんから株分けしてもらった何かを植えている。
その植物の名前がわからなかったので、代わりに
  「葉が長く、元が茶紫の何か
と、自分で書いていた。

もしかして、これが吉祥草だったのかなあ?



クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:認知症の介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

2009年11月21日(土)    [カテゴリ: ママと私の日常]

月刊「我が家の庭」 (2009年11月1日号)

●月刊「我が家の庭」第7号



今日になって、月刊「我が家の庭」11月号をアップしていないことに気づいた。「下書き」状態でそのままになっていたのだけど、遅ればせながら、今日公開。
写真は11月1日に撮ったもの。
  ( → 「第6号」へ )

●2009年11月1日に咲いている花 [51種]


   ・・・この1ヶ月以内に我が家にやってきたもの   < > ・・・開花日、初収穫日(1ヶ月以内)
  リンク・・・私の別ブログ「今日の草花」内へのリンク(同種のものがある場合)

小菊が庭を彩る季節がやってきた・小菊 <白・ピンク10/2、赤10/16>
秋明菊
メランポジューム
ムラサキルーシャン
ペンタス (赤)
ウインター・コスモス
金魚草 (白・ピンク白・濃桃・黄)
・房鶏頭 [レインボーキャッスル]
黄花コスモス (黄・橙)
ランタナ (白)
・マンデビラ・ボリビエンシス [サマードレス]
ブルーサルビア
ボッグ・セージ
アメリカンブルー(エボルブルス)
ダールベルグデージー
薔薇
・ミニ薔薇 [アリカンテ]
・ミニ薔薇 [レンゲローズ] <10/11再開花>
アリッサム
撫子
千日紅 (赤、濃桃、白)
・ペチュニア [ドレスアップ] (薄紫)
ポーチュラカ (濃桃、薄黄、白)
日日草 (薄紫、濃桃、白)
紫苑
10月に再開花した朝顔(ヘブンリー・ブルー)が満開に・西洋朝顔 [ヘブンリー・ブルー] <10/8再開花>
ツワブキ <10/26>
お辞儀草 <10/12>
トマト  (ミニトマト含む)
ナス
インゲンマメ <10/5>
カラミント
スイートバジル
アップルミント
オレガノ
犬鬼灯
姫蔓蕎麦 <10/5再開花>
赤カタバミ
カタバミ
紫カタバミ
・姫昔蓬
秋の野芥子
・猪の子槌
・小藜
青鶏頭
父子草もどき
立ち父子草
タンポポ
・大葉子
錦草
小蜜柑草

●2009年10月2日~10月31日までに開花して咲き終わった花 [2種]



金木犀 <10/9>
コモンマロウ <10/14再開花>


●2009年11月1日に収穫可能な野菜、果物、ハーブ



少ないながらも今年も実をつけてくれた柿■野菜 [12種]
トマト
・フルーツトマト
ミニトマト
ナス
インゲン豆
・セロリ
春菊
小松菜
・ネギ
・分葱
・浅葱
サニーレタス

■果物 [1種]


■ハーブ、他 [16種]
・スイートバジル
・アップルミント
・スペアミント
・カラミント
・ローズマリー
・ラベンダー
・コモンタイム
・レモンタイム
・シルバータイム
・オレガノ
パセリ
イタリアンパセリ
・ボックセージ
小紫 の実
ピラカンサス の実
・小真弓 の実

●所感



何と言っても、うれしかったのが、ヘブンリー・ブルー(朝顔)が秋になって、咲き誇ってくれたこと。
今年は花が少なく、早めに終わってしまった、と思っていたところ、何と、10月8日に再開花。その喜びは「ヘブンリー・ブルーの希望」と題して、ブログに書いたほど。
10/8のあと、2,3日して次の花が咲き、それからはどんどん花が増え、1日100輪以上も咲くほどに。

門の脇に赤い色を添えるピラカンサスの実秋の駆け足は、金木犀
朝起きて、家の戸を開けたら、ほのかに麗しい香りが漂ってきました。
「金木犀が咲いた!」 直感的にそう思い、木を見に行くと、上の方で開花したのか、まだ見えません。でも、2,3日も経てば、下の方まで花が咲き、毎朝、庭に出るのが楽しみになりました。
でも、あっという間に花は散り、秋の深まりを感じます。

もう一つ、うれしかったのは、
第5号で書いたとおり、長引いた梅雨が原因か、今まで経験したことがないほど、害虫に壊滅的にやられました。それも薬剤散布を2回もするほど、ヒドイ状況に。
それでも、実がつきました!
夏の間に、ほとんど落ちてしまったけれど、わずかに残った実が、柿色に染まり、食べられるようになりました。
柿の木の生命力に驚き、人間もこうでなくては!
と思いました。

先月、お辞儀草が花も咲かないのに、広がって周りを浸食していると書きましたが、遅ればせながら、わずかに花が咲きました。

この時期、我が家の目印になるのが、真っ赤なピラカンサスの実。
初めて我が家を訪れる人に、「我が家のある通りに入ったら、赤い実が見える家を目指して」 と言えば、赤い実発見 → 表札確認 で大丈夫みたいです。



クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

2009年11月20日(金)    [カテゴリ: 仕事のこと]

移動店舗車「ひまわり号」を見てきました(その3)

今日は、「ひまわり号」の折り畳みについて。 (前回まで →「その1」 「その2」)

初めて見るものは、それだけで、おもしろいですね。

●店開きしている時



昨日のブログ 「その2」 の4枚の写真のうち、
  ・上から2番目 ・・・ 外側から見た様子。車の右側が、タイヤの位置より相当出っ張っている。
  ・上から3番目 ・・・ 内側の様子。通路の右側にも棚があるのがわかる。
を、確認してください。

●閉店中



まずは、階段(ステップ)が収納されます。
   まずは階段が収納される

次に、後ろの「ひさし」が降りてきました。合わせて、もう1カ所も収納されてきました。
   後ろの「ひさし」が降りてきて、もう1カ所も収納されてきた

ここまで収納されてくれば、「もう1カ所」がどこか、わかりますね。そう、右側の部分です。
   後ろ部分は降り、右側もかなり収納された

収納完了!
   収納完了!

もちろん、すべて電動です。

●どのように折り畳んでいるのか



車の内部で、どのように折り畳んでいるのか、とても興味を持ったので、あえて、後ろを開けた状態で、見させてもらいました。

まずは、中央の広い通路上にあった商品を、右側の棚部分の通路に置きます。
   車を折り畳む前に、通路の品物を右側に移動

車の右側が収納されていきます。
あっ! 真ん中の通路が2つ折りされています。
   右側が閉じていくにつれ、中央廊下が2つに折れてくる

収納完了。
   すべて収納された状態。




この車(4tトラック)は、外見も中身もすべてそろえて、1台1,800万程度がかかるらしい。

また、次回以降に、この記事を書きます。
今まで、ハード的な面にあてた記事でしたが、今度は、ソフト面に焦点を当てる予定。
 

クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

2009年11月19日(木)    [カテゴリ: 仕事のこと]

移動店舗車「ひまわり号」を見てきました(その2)

昨日(11/18)のブログ「その1」では、「ひまわり号」自体をぜんぜん書かなかったし、写真も走行中のものだけだったので、今日は、その中身と外見。

周回場所の一つ。確かに周囲にお店はなさそう。

●お店を出す場所に到着
 すると、 品出しから



曜日ごとに、周回するルートと時間は決まっている。

ここは、農産物集出荷予冷センターの前。
確かに周りにお店はなさそうな所。 →→

到着したら、電動で車を開く。
その次は、段ボールに入った商品の品出し。

品出し中にもかかわらず、もうお客様がやって来た品出し中にもかかわらず、もうお客様が
やって来た。       → → → →

1カ所には、30分程度とどまる、らしい。


●思った以上に広い車内



写真の車は、一番大きな移動店舗車。
3トントラックだ。

中に入ると、予想以上に広い気がした。

左側は冷蔵ケースが並ぶ。右側は商品を置いている棚。左側には、冷蔵ケースが並び、右側は商品棚。
通路も、広い。       → → → → 

食料品から日用雑貨まで、一通り揃っている。

それも、肉や魚といった生鮮食料品が豊富。
足元のケースに、肉や魚が置かれている。

社長さんが長年、携わってきたのが魚介類で、社長
さん自ら毎日早朝に、仕入れに行っているらしい。
だから、肉よりも魚が多い。


足元には肉や魚が並んでいる

●季節ものも忘れずに



今の季節は、温かいソックルらしい。

こうして、季節ごとの商品も、適度に混ぜながら、販売する、
とのこと。

次回は、「店内が広い訳」について。





クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

2009年11月18日(水)    [カテゴリ: 仕事のこと]

移動店舗車「ひまわり号」を見てきました(その1)

年を取っても、生きがいや希望を持てる暮らし。
そんなことが少しでも実現できれば、と思い、起業の準備を進めている。

実は、「買い物」ができることは、生きがいや楽しみに直結するはずだ、と思っている。
もし、それを疑うなら、1週間ほどでも、まったく何の買い物もしないで過ごしてほしい。
きっと、買い物が社会生活を営むのに、欠かせない要素だとわかるはず。

そういう買い物の場を提供する手段の一つとして、移動店舗がある。
行商、とでも言うべきか。 車に商品を積んで売りに行く。

●そうだ、「ひまわり号」を見に行こう!



移動店舗で有名なのが、鳥取県江府町の会社、安達商事さんの「ひまわり号」だ。
何度もマスコミで取り上げられ、私もNHKの番組で見たことがある。

山村を走る移動店舗車「ひまわり号」   関連記事 :
     「移動購買車 「ひまわり号」が行く

「ひまわり号」の現物を見たいな。売っている所を見たいな。
安達商事の社長さんから、お話を聞いてみたいな。

そう思っていた。
  ・
  ・
  ・
  ・
そうだ、それなら、見に行けばいい!
隣の県なら、遠くない!

こんな単純なことがわかるのに、一体、何日かかったことだろう。

善は急げ!
私はこう思うのだけど、周囲は 「泥橋を走って落っこちる」 (「石橋を叩いて渡る」の真反対) などと、私の行動を言う。

全く面識はないけれど、とにかく、直接、電話してみよう! 当たって砕けろ、だ!
  「ひまわり号を見学させてください。お話もうかがいたいです。
   それもできるだけ早く、雪が降る前(積雪前)に行きたいです。


結果的に、それは全くの杞憂。
あっさりとOKの返事がいただけたから。

●本当に雪は大丈夫?



次の心配が雪。積雪すると、行けなくなる。でも、県境付近の山や峠は、間もなく積雪の時期。

でも、こういう時、ネットは便利だ。
検索すると 「鳥取県積雪情報観測システム「とっとり雪みちNavi」」 が出てきた。
目的地付近のカメラで見る限り、雪ではなく、雨のようだ。

いざ、今日。
朝は天気予報が外れ、晴れていた。(倉敷市)

高速道路を北上していくと、途中、薄ら雨となったけど、また、晴れたり、と比較的順調な天気だった。
山の方も、意外と天気いいじゃないか!

そして県境のトンネルを抜けた。 ・・・ら、雨がざんざん降っていた。
うーーーん、さすが「晴れの国」岡山
中国山地をはさみ、日本海側の鳥取と、南側の岡山とで、こんなにも天候に差があるだなんて、あらためて実感した。

(この続きは、次回にて。)

 

クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

2009年11月17日(火)    [カテゴリ: 仕事のこと]

くらしきベンチャーオフィス面接審査の採択通知

11月5日のブログで
  明日は「倉敷市くらしきベンチャーオフィス」入居審査会
と書きましたが、今日、その結果通知がやって来ました。

合格!!
皆さん、ご支援・ご協力ありがとうございます。

(実は、少し前に内示を受けていたのですが、正式な通知が来るまでは、発表を控えておりました。)

  参考サイト : 「倉敷市くらしきベンチャーオフィス」 、 「倉敷市

これから、入居に関する諸々の手続きを経てから、実際の入居となります。

●9名もの審査員



入居審査会が行われたのは、11/6。
9名もの審査員に、ちょっと驚き!!
まさか、こんなにたくさんの審査員さんがいるとは、思っていなかったから。

◆プレゼンは立ったままで

椅子が用意されていたけど、座らずに立ってプレゼンすることを告げた。

なぜなら、熱意を伝えるのは、やはり、座っているより、立った方がいいから。
普段から、講師をする時も含め、プレゼンは必ず立って行っている。
だから、今回もそうした。

◆2人でプレゼン

一緒に起業活動をしている、友人のRさんと2人でプレゼンをしようと、少し前から決めていた。
2人の役割は、私、しゃべる人。Rさん、持つ人。

私たちは、アクティビティのキットなど、すでに現物をいくつか持っていた。
さらに、プレゼン前日、2人で相談しながら、現物らしきもの、をプレゼン用に作成した。

まるで、小学生か幼児の時の、学芸会なんかの小物を作る気分になって、準備自体も、何だか楽しかった。
何をどの場面で持つか、どのように、差し替えるかを決めていくのも、2人でワイワイやりながらすれば、これまた楽しい。

そうして、10分のプレゼンは完成した。どの場面で、何をどう持つか、持ち替えるか、なんて、幼い頃に戻ったような気分で考え、やってみた。

10分という、短い持ち時間だけど、2人で分担するからこそ、手早くできる
当日の朝も、順番を待つ間に、再度、申し合わせておいたので、本番もスムーズ。
私たちなりの力を発揮できたと思う。

●苦しかった質疑応答



質疑応答は、予想していたものと、だいぶ違った。
15分間(実際には20分やった)の中で、最も時間が割かれたのは、事業そのものよりも、私の進退問題
東京で会社の代表を続けながら、倉敷で新規事業の代表も務めるだなんて、自分自身でも虫がいい話だと思うくらいだから、ましてや、他人から見れば、「都合良すぎ」だろう。

もちろん、私自身は、この新事業にかけたいので、東京の会社は、自分で興した会社とはいえ、代表の座を降りるつもりでいる。 ・・・が、すんなり降りられないのが、実情。
東京の会社が困ることなく、いかに、私がフェードアウトするか。
カンタンそうで、当事者になると、難しい。



クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

2009年11月16日(月)    [カテゴリ: 仕事のこと]

「接客日本一」なんて書かなきゃいいのに ~ヤマダ電機「LABI1 日本総本店池袋」~

強調文ヤマダ電機「LABI1 日本総本店池袋」の外観先週水曜日(11/11)、池袋に行ったついでに、遅ればせながら、
10/30に池袋三越跡にオープンした
   ヤマダ電機「LABI1 日本総本店池袋
を見てきた。我が家(東京)にも、オープン時の大きな大きな広告が入っていたし、ね。

●店員さんが少なすぎ



店に入ったのは、雨降りの平日午後だったからか、客は少なめ。
それにも増して、店員さんはもっと少ない。

「気軽にお声をおかけください。」
という館内放送が流れているけど、どこにいるの? 店員さん!

●「接客日本一」が泣いている



店内のあちこちに 「接客日本一」 と書かれたポスターが貼ってあるのだけど、一体、何をもって、接客日本一なんだろう?

この日、私は3人の店員さんと接したけど、うち2人は完全にNG。

◆1人目の店員さん : デジタルフォトフレーム売場にて

展示してあった、ある1機種のパンフレットがほしくて、周囲を探してみたけど、お目当てのパンフレットは、どうもなさそう。
店員さんに尋ねようと、辺りを見回しても、だれもいない。
少し経って店員さんが近くに来たので、尋ねると、私が探したのと同じ辺りを探し、その後、たった一言、私に言った。

  「そのパンフレットは、ありません!

えっ!? 普通なら、最低限でも
  「申し訳ございません。あいにくそのパンフレットを切らしております。」
じゃないの?
お詫びの一言もなく、「ありません。」 だけじゃあ、話が続かないよ。

機種を指定しているのだから、私がもし、店員だったら、「見込み有り」 と考え、お詫びの後に
  「よろしければ、こちらの商品を説明いたします。
と言うだろうなあ。一応、「よろしければ」 という枕詞を付けながらも、半ば強引に説明を始めると思う。
それでも、その時は見込みなさそうなら、自分の名刺と、機種名を書いた紙を渡し、
  「こちらの機種名でインターネットを検索してください。
   私は ○○○ という者です。いつでも、ご連絡ください。またのご来店をお待ちしております。

と、次回に淡い期待をつなげるはず。

◆2人目の店員さん : コンパクトフォトプリンタ売場にて

私は、目立つ位置に置かれていたフォトプリンタと、そのカタログとを比べ、商品を触ったりしながら見ていた。
そこに、女性客2人を連れた店員がやってきた。その店員、 「どけてくれ」 と言わんばかりに、私と、私が見ていたプリンタとの間に割り込んできて、女性客に
  「こちらにもあります。
と接客を続けている。
せめて一言、私に対しても
  「失礼します。こちらのお客様に、この商品を説明してよろしいか?」
とでも声をかけてくれれば、別に嫌な気にならず、そこをどけるのになあ。
かえって、丁寧な店員さんだと思うだろう。

でも、これで終わりではなかった。
私はすぐ横で、まだ商品を見ていたのですが、その女性客たちから
  「この2つって、どうしてこんなに値段が違うんですか?
と尋ねられた店員。カタログをめくりつつ、約1分の無言
やっと、答えにならないような答えをしていた。

  「写真サイズだけでなく、はがきも印刷できるんですよね?
女性客の質問は続く。
そして、店員の回答に、私は目が点になった
  「いいえ、はがきは印刷できません
   はがきで印刷するには、パソコンと普通のプリンタでやってください。


おいおい、コンパクトフォトプリンタでも、ハガキサイズまでは、普通に印刷できるよ。
そうしないと、年賀状なんか作れないじゃないか!! 常識!!

もちろん、これは心の中でつぶやいただけで、口にはしなかったけれど。

それにしても、ここまで商品知識がなく、客に嘘八百を教えるなんて、あまりにひどいじゃないか!
店員の間違った説明を元に、商品を買わされる客が、かわいそう。

「接客日本一」が泣いている!

●私はきっと、買わない



ここ最近で、これほど期待外れの店はなかった
多分、いや絶対に、この店から買うことはないだろう。

週末には、また、大きな折り込みチラシが入っていた。 けど、もう行かない。



クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

2009年11月15日(日)    [カテゴリ: ママと私の日常]

カレンダーにつけた印を楽しみに待つ生活って ~高齢者の明日~

今日、東京から実家の岡山(倉敷)に戻って来た。

今回、東京では、ブログを通じて知り合いとなった、八歩さんとお会いした。
メール等でやりとりはしていたけど、顔を合わせたのは、初めて。
地下鉄の駅から地上に出て、地図を見ながら、八歩さんの会社に向かっている所を、八歩さんが見つけて、声を掛けてくださった。

●おりーぶライン VS. ワン切り



お会いする目的は、まず、八歩さん考案の 「おりーぶライン」 というサービスがどんなものかを、お聞きすること。ホームヘルパーさんと事業所との連絡・相談を、ケータイを使って、もっと便利に確実に行おう、というもの。

このサービスは、来春開始予定だそうで、年内にはテスト稼働できるらしい。
その時には、ぜひ、試してみよう。
人に勧めるには、まず自分でやってみて 「これ、いいなあ。」 と思えるものでなければ。

八歩さんには、私が感じた疑問も、素直にぶつけてみた。

ヘルパーさんたちは、利用者さん宅に入るときと、終わった時に、事業所に連絡を入れるけど、(私が知る限り) これをワン切りでやることが多い。
ワン切りは、時間もお金もかからない、という、ヘルパーさんにとってみれば、いいことだらけ。

これに対し、八歩さん曰く、
  「確かに、ワン切りは最大のライバルです。
とのこと。

介護事業所にもヘルパーさんにも、それぞれ素晴らしいメリットがあることを、きちんと伝えられるかが、鍵かな。ワン切りに勝つためにも。

●高齢者にとっての、カレンダーの丸付け



この日のもう一つの目的は、私がやってみたい事業について、八歩さんからご意見・アドバイスをいただくこと。

八歩さんの、ある言葉に、私は思わず、メモを取り始めた。
その行動に、八歩さんの方が、ちょっと驚いたみたい。
  「私、何かメモを取るようなことを言いました?

メモったのは、

  「それって、お年寄りが、カレンダーに丸印をつけて、その日を楽しみにできますよね。

という言葉。私がやってみたいことの1つに対しての意見。

「明日がある♪」なんて歌があるけど、 明日が楽しみな生活 って、そう!
「夢や希望のある生活」 って言うと、何だかぼやけるけど、これならピン!と来る。

確かに、ママもカレンダーに丸を付けている!
ママの場合、認知症の記憶障害で、それが何の丸だったかも、すぐ忘れてしまうんだけど。
それでも、丸を付ける時の心境は、
  「忘れてはいけない日
なんだろうなあ、きっと。

それが楽しみであっても、特段そうでなくっても、ママにとっては、その日が来ることが必要なんだ!

私は、そんな日を増やしたい!
できれば、それが、その人にとっての楽しみとなるような日を増やしたい!


これは、私が考えている事業の原点になる!

あとはどうやって実現するか。
どうやって事業として成り立たせるか。



クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:認知症の介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

2009年11月12日(木)    [カテゴリ: 仕事のこと]

「あたりまえだけどなかなかできない 起業のルール」

  「これは、もしかして、私のために書いてくれた本?

なんてことはあり得ませんが、タイミングとしては、ぴったり。

友人の四ッ柳茂樹さんが、新しい本を出しました!
                ↓ ↓ ↓
あたりまえだけどなかなかできない 起業のルール (アスカビジネス)あたりまえだけどなかなかできない 起業のルール (アスカビジネス)
(2009/11/11)
四ッ柳 茂樹

商品詳細を見る


どんな内容か、チラ見したいなら、 → ココをクリック!


実は、今日、四ッ柳さんのオフィスに押しかけて、1冊いただいてきました。
(私のオフィスから徒歩で行ける距離なんです。)

パラパラっと見た感じ、すっごく良さそうです。

起業をお考えの方は、必見!
ぜひ、1冊、お手にとってご覧ください。
私も1冊、これから購入し、友達にプレゼントします!

また、近々、本の感想などもブログに掲載しようと思っています。



クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

2009年11月09日(月)    [カテゴリ: 仕事のこと]

ギリギリセーフ! 11月9日消印有効の、とある書類

さっさと片付けるはずだった、とある助成金への応募。
締め切りは、11月9日。消印有効。

先日、私は、今一緒に起業活動をしている友人Rさんの車に、コートを置き忘れてしまった。
Rさんは親切にも
  「コートを届けるついでに、帰り道、応募用紙を郵便局に出して行くから。
と、自宅まで来てくれたのだが、
まだ、肝心の応募の書類が出来上がっていない。

その時、20時35分。

●土日のママ優先モードが、ヒビイタ!



この土日は、ママをお医者さんに連れて行ったり、美容院や買い物に連れて行ったり、ママと自宅菜園の整備をしたりと、ママ優先モードになっていた。

明日から東京に戻るため、次にママをお医者さんに連れて行くまでに、アリセプトが切れてしまうことが発覚したから。
ママが常々、髪が白いのを気にしていたので、それも早く何とかしたかった。

庭の手入れもしていなかったので、ママから
  「こんなに、ぐちゃぐちゃになって・・・
と文句も言われていた。

何とか、これらをこなしたのはいいけど、進んでいなかった助成金の応募は、今日に持ち越し。

●出来上がり時間が、どんどん変更されていく



今日は、何度、できあがり時間を変更したことか!
Rさんに電話でこう言った。

 午前中 「3時(15時)までには投函して、4時頃には岡山商工会議所に行きたいね。

 昼過ぎ 「今日、岡山商工会議所に出向くのは、もう無理。
       でも、ママがデイサービスから戻ってくる4時までには終わらせたいな。


 午後2時「ママが戻ってくる4時には終わりそうにない。6時を目標にがんばる。

 午後5時「とても6時には無理。Rさんが来られる一番遅い時間は? 8時半?
       じゃあ、8時半(20時半)目指して、がんばる。


そして、20時35分。冒頭のごとく、Rさんがやって来た。

  「まだ、できてない。自業自得だから、何とか今日中に間に合うように自分で出しに行く。

●ママがデイサービスから戻ってくると



  ガビガビガビーン!ガバボガ!バリガチャーン!

ママが戻ってくると、私の頭の中は引き裂かれた。
それまで、何とか集中を保っていたはずの私であったが、ママの帰宅と同時に、頭の中で壊れたような音が鳴り響く。

締め切りに追われている時、認知症のママは私にとって、恐怖の大魔王だ。
ママの無限ループ攻撃、お腹が空いた攻撃、等々で、頭がついにショートしてしまった。
パソコンをずっと目の前にしながらも、ほとんど数文字しか進まない。

●仕事再開、そして



それでも、ママは夕食後、比較的早めにお風呂に入ってくれ、さっさと寝てくれたので、一安心。
16時過ぎに、ほとんど止まってしまった仕事を再開したのが、20時半。

23時10分。
一応の完成。出力する。

23時15分。
計算間違いは見つかるし、文章のてにをはがおかしい所も。
修正したり、捺印したりする間も、時計は刻々と時を刻んでいく。

23時35分。
できあがり   ・ ・ ・  のはず。
焦っているけど、念には念を入れ、再チェック。

23時43分。
大きな封筒に宛名を書き、書類を詰め、封印。
さっと着替え、封筒と財布を鞄に入れ、車のキーを持って家を出る。
車庫を開け、エンジンをかけ、暗闇にレッツゴー!

23時50分。
昔から 「本局」 と呼んでいる郵便局に到着。
窓口に並び、5分後、封筒を簡易書留で受け付けてもらう。

●疑り深い性格



  「絶対、今日の日付の消印押せますよね?
  「もちろん、大丈夫ですよ。

当直の局員さんは、そう言いつつ、切手の代わりの紙(何て言うのかな?)を貼り、小さなポストのような箱に投函した。

  「す、すみません。本当に今日、11月9日の消印ですよね? 見せてください。

疑り深い私に、一瞬、怪訝な顔をした局員さんだったけど、ポストから取り出し、見せてくださった。
確かに消印は11月9日。
  「ああ、これで安心しました。ありがとうございました。

間に合った!という安堵感と、束の間の開放感。
帰りがけ、自分へのご褒美として、コンビニで夜食を買った。



どうして、いつもこんなにギリギリになって、お尻から頭に火が燃え移るまで、できないんだろう。
何とかならないのかい?   >私

明日の夜は、久しぶりの東京の自宅。
ベッドに入った途端に眠ってしまいそう。明日の今頃は、きっと夢の中。



クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

2009年11月08日(日)    [カテゴリ: ママと私の日常]

mixiにコミュニティを作った!

先の見えない介護なので、
いよいよ本格的(?)に、実家暮らしをすることにしました。

明後日から東京に戻りますが、その時に、住民票も東京から地元の倉敷市に移す予定です。

地元岡山での起業」を宣言した9月7日から、約2ヶ月。
一歩一歩、できることを、少しずつやってきました。
それに連れ、 「地元で奮闘してみよう」 という気持ちも、確実に強くなりました。

そして、この決意を機に、
な、何と、 mixi内に、本日コミュニティを作りました!

岡山県介護とシニアの情報交換」 というコミュニティです。
できたてホヤホヤ、メンバーは、まだ私1人です。
とりあえず、コミュニティ内で、自己紹介をしました。



ずっと以前からお付き合いしてくださっている方の中には
  「えっ?
と思った方もいるでしょう。

常々、私自身、
  「二度と、ネットのコミュニティなんて、やらない!
と言っていましたから。

パソコン通信の時代に、すでにネットに燃え尽きてしまった私。

それでも、たまには心境の変化もあります。

では、皆様のお越しをお待ちしております!




クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:認知症の介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

2009年11月06日(金)    [カテゴリ: ママと私の日常]

ママの介護も、起業も、怒濤の1週間だった

今週・・・つまり、11月の第1週は、まだ、明日を残しているけど、私にとって、怒濤の1週間だった。
私の気持ちの中では、今週は今日で終わった感じさえする。
とにかく、 すべてが入り交じった週 だった。

●今週から、ママは新しいデイサービスセンターへ



ママが9月から通っていたデイサービスと、同じ経営母体で、もう一つ新しいデイサービスが11月開業で、ママは新しい方に行くことが決まっていた。
と言うか、9月に通い始める前から、そう決まっていた。

9月、10月と通っていた所は、土曜日しか空きがなかったので、ママが通えるのは
   毎週土曜日 + 他の利用者さんのキャンセルがあった場合
で、キャンセルの多くは前日夜入るので、私も平日の予定が組みにくかった。

当日朝の連絡もあったけど、私としては、ママがデイサービスに行ってくれる方が有り難かったので、「キャンセルが出た」、という連絡を受ければ、いつでもママを行かせるべく、お願いしていた。

今月、新しい所がオープンし、今であれば、何曜日でも希望する日に通えるので、ケアマネさんにも、今月からの大幅なケアプラン修正をお願いしていた。

私はママの都合より、自分の都合(体調、精神状態、仕事など)を優先し、ママには平日ほぼ毎日、デイセンターに通ってもらうことにした。 (土日はデイサービス自体がお休み)

通う場所も回数も変わるので、半月ほど前から、ママに対し、デイサービスに通わせるための「刷り込み」をせっせとやっていた。

刷り込みの仕上げは、オープン前日の11月1日、日曜日。
ママを車に乗せ、新しいデイサービスを訪ねた時。

今まで週2回でも、ひどく疲れていたママだったけど、今週、月~金の5日間連続を、ママは何とか乗り切ってくれた。
まあ、初日の夜のごたごたはあったけど。

●御法度の「お泊まり」も解禁



ママの在宅介護を始めようとした時の、「ショートステイ失敗。精神病院へ迎えに行った日」。

ママにとっても、私にとっても、大きなトラウマとなってしまった。

それでも、ママの「お泊まり」をどこかで解禁せねば。
来週、私は1週間ほど、東京に戻る。
最近のママの行動には、無銭飲食などもあり、目が離せない状況。
かと言って、自炊は、とっくの昔にできなくなっているし、きちんとした買い物もできないし、配達してもらう食事は、受け取ったことをちっとも覚えていないし、 ・・・ 特に「食事」や「お金」に絡む問題は深刻

とにかく、あるお泊まり施設を1回、使ってみることにした。
私が東京に戻る前に、まず1回試してみる。
倉敷市くらしきベンチャーオフィスの入居審査会が6日(金)午前にある。
だから、この日の朝は、ママに居てもらってほしくない。
ママは何を言い出すか、どんな行動をするか、ちっともわからないので、これまでも私は、他人との約束ができない状態に追い詰められていた。

(また、詳細は後日のブログへ)

●その審査会は?



プレゼンは、2人で行う予定にしていた。友人でもあり、同志でもあるRさんと。
昨日(5日)は、一緒にその準備をした。

そして今日の本番は、自分なりのベストを尽くせた
皆さん、応援いただき、ありがとうございます!



本当に、怒濤としか言いようのない1週間だけど、ママも私も、何とか無事に乗り切った。
ここでは書いていない、その他諸々のことも押し寄せてきて、身をかわすのが精一杯。

さあて、明日はゆっくり昼寝かな ・・・。
待て待て、ママを美容院にも連れて行かなくてはならないし、病院にも連れていかなければならない。薬(アリセプト)が切れる。
それに、それに、 ・・・。

昼寝したいけど、その前にやることがいっぱいだ!



クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:認知症の介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

2009年11月05日(木)    [カテゴリ: ワークライフバランスやテレワーク]

明日は「倉敷市くらしきベンチャーオフィス」入居審査会

9月7日のブログで、地元・岡山での起業を宣言してから、約2ヶ月。

いよいよ明日は、「倉敷市くらしきベンチャーオフィス」の入居審査会。
10分間のプレゼンテーションと、15分間の質疑応答。

入居申請用の「事業計画書」は10月中頃に提出。
そして、昨日が、プレゼンで使うファイルや、追加資料等の提出締め切りだったので、それも提出し終えた。

短時間のプレゼンなので、そこで使うPowerPointファイルは、箇条書き中心のシンプルなもの。
音が出るわけでもなく、画面の切り替え効果を入れるわけでなく、単純そのもの。

あれこれ考えたけど、結局、私の出した答えは、 Simple is best.

とにかく明日は、与えられた10分の枠で、自分の思いと事業の内容とが、審査員の方々に伝わるよう、
がんばります!



クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

2009年11月04日(水)    [カテゴリ: ママと私の日常]

真夜中、私を捜し続けるママ

一昨日の月曜(11/2)夜、夕食後、だるさと眠気で、うとうとしていた。
ママが寝た後、少し仕事でもしようと。
叔母からママのケータイに電話がかかってきたけど、ママは上機嫌で話していたので、特に私は電話に出ることもなく、横になったまま、うとうとを続けていた。

●私の不調と、ママの快調は



いつもなら、もうママは寝床に入っている時間なのに、今日はなかなか寝てくれない。

9月から通っていたデイサービスセンターが、もう1カ所、新しいデイサービスを開設するので、ママはオープン当日から、新しい所に通うことになっていた。
そして、この日は、新しいデイサービスのオープニング日だった。
ママは新しい環境を認識し、がんばったのだろう。

だからか、夜になっても、一種の興奮状態(「high」の状態)が抜けない

反対に、私はぐったりしていて、夕食の後片付けもせず、流しには食器が置かれたまま。

ママは、その食器を見て、洗い始めようとした。
私はママを見て 「後で私が洗うから、放っておいてね。」 と言い、ママは一旦納得。
また、私は横になった。

そんな問答を数回繰り返していたが
  ・
  ・
  ・
ハッと気づくと、ママが、亀の子タワシで、フライパンの底を洗おうとしている。
そんなことをしたら、フライパンがダメになってしまう・・・  (このフライパン、結構高い)

反射的に飛び起きて、怒鳴った
  「ママ、何してるん? やめて! さっきから、放っておいて、って言ってるでしょ!!
  「そんなこと、知らんわ!
ママも大声を上げた。

そして、私はママの肩を突いていた。
2、3歩よろよろと後ずさりしたママは、鬼の形相になり
  「私を殺す気か! アンタなんか、死んでしまえぇ!
  「アンタなんか、東京に帰れぇ!

私は逃げるように、寝床に向かい、そのまま寝床に入った。
体調が悪いなら、せめて食器洗いだけでもやり、さっさと寝てしまえば良かったのだ。
もう、後の祭り。
これが、21時半頃の出来事だった。

●ママは怒りと哀しみで、さらにヒートアップ



ママは、その後も、寝床にやって来ない。

次に私の目が覚めたのは、ママに揺り起こされたから。
  「誰もいない。誰も帰って来ない!
  「ママ、私はここにいるよ。私は気分が優れないから、先に寝たんだよ。

いつもなら、そこで気づくはずのママが、その日は全く違った。
ママは私を目の前にしているのに、私の存在をまったく認識しない。そして、繰り返す。
  「誰もいない。誰も帰って来ない。
仕方なく、ママに背を向けるように、また、布団に潜った。

そんなことが、何度も何度も深夜過ぎても、繰り返された。
26時(深夜2時)を過ぎても、まだ、ママは寝ようとしない。

私が明け方の4時に目を覚ました時には、やっと眠っているママの姿を確認した。

●真夜中の迷惑電話



朝になり、ママは何事もなかったかのように、普通に起きた。
何気に夜のことを尋ねてみたが、もちろんのこと、覚えているわけがない。
それでも朝は、すっかり良くなっていて、私のことも認識できている。
むしろ、私の方が寝不足気味。

ママのケータイを確認したら、私にも、叔母たちにも、深夜、何度も電話をしている。
叔母とも、深夜2時過ぎに話をしたらしい形跡が残っていた。

叔母に後で電話してみた。

  「確かに、真夜中、ママは何度も電話をかけてきたよ。
   最初は眠たいし、無視していたけど、何度もかかってくるので、『もしや、何かあったのかも』
   と電話に出たら、ママが泣き叫んでいたのよ。
   『
どうしよう。誰もいない。真っ暗になったのに、誰も帰って来ない。』 と。
   『寝床は確認した?』 と聞いても、ママは『何度もやった』と言うばかりで、延々と泣き叫んでいる。
   10分付き合ったけど、らちが開かないので、電話を切って、寝たよ。


やっぱりそうだったのか・・・。

家の中のモノの位置も、あちこち変わっている。
私の持ち物も、ひっくり返されたようになっていた。
私の鞄の中の名刺入れから、出したであろう名刺まで、何枚も散乱している。



私の一言が原因のママの行動とはいえ、叔母たちにも迷惑をかけてしまった。
心が重くなる。
ママの認知症は、いい時・悪い時を繰り返しながらも、次第に進行している。

このままでは、私の方が病んでしまう。
ある覚悟と割り切りを自分の中で決め、私はデイサービスセンターに相談に行った。



クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:認知症の介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

2009年11月03日(火)    [カテゴリ: ワークライフバランスやテレワーク]

ブログをやめようか

今まで何とか、曲がりなりにも続けてきたブログだけど、この1週間ほど、あまり更新もできていない。
もう、ブログ、やめようかな。
ここ最近、ずっとそう思っていた。

●やめようか、どうしようか



今までのようにブログを続けていくのが、難しくなってきた。

最も大きいのは、私の健康上の理由。
10月から続いている咳は、なかなか良くならない。良くなったと思い、咳止めの薬をやめると、また咳が復活する。前回のブログを書いた10月30日も、深夜(明け方)に咳き込み、自分の咳で目が覚めた。
結局、飲む回数を減らしながらも、未だに薬を飲み続けている。

そんなことがあってか、非常に疲れやすくなり、先週も昼間は結構頑張って、普通に動いていたし、動けていたのだけど、夜になると電池が切れたようになって、ブログを書くだけの体力がなかった。
(ブログを書くのに体力が必要かは疑問だけど。)

認知症の家族を抱えていると、その介護だけでも精一杯。
だけど、私は仕事を完全に辞めるのもイヤだったし、ママの介護でいろいろ困ったからこそ、その経験をバネに、自分のやりたいことを、やっと見つけることもできた。

だから、自分がやりたいことも、やってみたい。自分の人生なんだから。

要するに、ある意味、私は欲張りなんだと思う。

●自分の身体がすべての資本



そんなことを言っても、認知症のママの介護、その他のこと、諸々のことで、一つ一つは小さな事でも、それが短時間のうちに山のように積み重なって、大きなストレスとなり、私を蝕んでしまう。

身体は一つしかないし、その身体の健康(心の健康も含めて)が保てなくなると、すべてが回らなくなってしまう。

そうなる前に整理して、ストレスを少しでも少なくして、回るようにしなくては。
難しいけど、時間は有限だし、今の状況で休息を取る時間を削るのは、自殺行為。

実際、何人かからは、
   「寝る時間を惜しみ、減らして、仕事をすればいい。
と言われた。
こう私に言った人は、だれも、認知症の家族を自分で介護した経験を持たない。
認知症の介護が、いかに精神的にも身体的にも疲れるかは、自分で経験しないと、なかなかわからないと思う。
認知症の家族がいると、時間のやりくりもメリハリもつけにくい。
今年の8月26日のブログで弱音を吐いているのも、このあたりの事情が大きい。

実は、昨夜から今日にかけての夜間にも、ちょっとした事件があった。
真夜中に悩まされたのは、私と、叔母2人の計3人で、赤の他人には迷惑をかけていない。その面では、先日の無銭飲食の件よりは、ずっとマシ。それでも、私には重荷となる。

●そして、出した結論は



となれば、優先順位を付けて、上のものから優先的にこなしていくしかない。

最近、私の心の中でも優先順位は、変わってきた

  1.地元岡山で立ち上げたい新規事業と自分の生活
  1.自分の健康
  3.ママの介護
  3.東京の家族と、今までの東京の仕事や生活
  5.自分がやってみたい、とか、必要と思う勉強
  6.ブログなど

ママの介護は、最優先でなくなった。
ゴールの見えないマラソンを走り抜くには、こうでも考えなければ、やっていけない。
介護放棄も、介護暴力も、介護殺人も、私にとっては、他人事ではない。

こんなにもママを好きなのに、ママにできるだけ良い余生を送ってもらいたいのに、それでも、私は介護殺人とも隣り合わせで生きている。

●やめるのは、カンタン



ブログは、その時々の私の気持ちでもあり、行動でもあり、絶望でもあり、夢を語る場でもあり、たまには、仕事についての考察の場であったり、情報提供の場であったりもする。
それに、お金をもらって文章を書く仕事が困難になった私にとって、ブログはリハビリの一種でもある。

それでも、今はあえて、ブログの更新に関しては、優先順位を下げざるを得なくなった。

だから、いっそのこと、やめようか、とも思った。

でも、ちょっとだけ考え直した。
やめるのは、カンタン。いつでもすぐにやめられる。
だから、もうちょっとだけ、がんばってみよう、と思った。

だけど、「毎日の食事記録」は、これを機に一旦、中断。
一定の成果があったと思うし、自分の今の負担を減らすためにも。

記事の更新頻度もぐっと減るだろうけど、細々でも続けていけば、それはいつか自分の糧になる。

そんなわけで、これからも応援をよろしくお願いします。
更新が止まっていても、あまり心配しないでください。



クリック頂けると更新の励みになります。応援お願いします。
ブログランキングに一票を! 人気ブログランキング

テーマ:認知症の介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

«  | HOME |  »

プロフィール

kiyomi

Author:kiyomi
認知症の母(要介護4)の介護で、4年半前から東京(自宅)~岡山(実家)を往復するも、心身共に疲れ果て、ついに2010年7月月末、経営していた会社の東京オフィスを閉鎖し、地元に一元化。
この経験から、もっと介護情報を流通できれば、もう少し介護生活を楽にできるのではないかと、2009年12月、倉敷市くらしきベンチャーオフィスにて、株式会社ハートバードを設立。2010/2/5、岡山県の介護・シニア・福祉情報ポータルサイト「介護ん!」運営をスタート。2012年3月、NPO法人介護ん設立。
性格は、良くも悪くも、呑気、楽天家、マイペース。趣味は草花を見て歩くこと。
ブログ開設:2008年7月4日
(開設理由はコチラ)

メールはこちらから

kiyomiのつぶやき(Twitter)

 

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。クリック応援お願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング

検索フォーム

カテゴリ

ママと私の日常 (580)
在宅介護のいきさつ、家族のこと (19)
仕事のこと (71)
東京と岡山 (19)
毎日の食事記録 大公開! (453)
低血糖症、食育、食事バランスガイド、フードマイレージ (15)
ワークライフバランスやテレワーク (24)

最新記事

★すべての記事はコチラから★

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。